ドーミーイン熊本宿泊レポート

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

さて今回は『天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本』。

アクセス

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

JR熊本から行くのならタクシーで10分ほど。市電なら『辛島町』で降りて徒歩2分くらい。空港からならバスを交通センターで降りて3分。

繁華街の中にあるホテルもあるけれど、その方が近いから良いけれど、それでも10分弱歩いて泊まれるならこちらを選ぶでしょうというのがこのホテルだ。

それは三井ガーデンホテルも同じ。それでも、もし同じ価格でどちらかをえらぶんだったら

住所:熊本県熊本市中央区辛島町3−1

TEL:096-311-5489

周辺

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

繁華街の中にあるわけではなのが、もし何処か美味しいものでもとお店に行くのなら10分は掛からない。コンビニには1分かからず行ける。便利な立地である。

フロント・ロビー・エレベーター・廊下

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

入口の自動ドアを入って更に左にもう1つ自動ドア。フロントは手毬のイメージだろうかなかなかキレイ。ロビーもソファがいくつか配されてiPadが置かれている。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

レストランHATAGOは朝と夜鳴きそばタイム以外は自由に過ごせるスペースになっている。コーヒーマシンがあるので好きに飲んで良い。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

エレベーターは二基。特にカードキーを翳すとかのセキュリティーはない。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

エレベーターを降りて部屋までは落ち着いた雰囲気の廊下。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

まあどこのドーミーインもさほど変わらない。

室内

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

部屋はドーミーインのスタイル。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

部屋の広さは15.0m2 と決して広いわけではない。ただ狭いながらパウダーブースとベッド&デスクの部屋とに分かれている。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

先ず入るとオープンのクローゼットがあって館内着が掛けられている。上下分かれているのはやはり良い。ただ、ここのものは作務衣タイプ。すっぽりとかぶる方が良いかな。

でもこれで館内自由に歩き回れるのはやはり楽ちんで良い。このスタイルはやはりこのホテルの強みだろう。大概は許されない場合が多いのだから。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

クローゼットには、セキュリティ・ボックスもあるのだが、これはまああまり使うことはない。館内これでOKのスリッパ、消臭スプレーも。ハンガーの本数は充分。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

その先に洗面台と共にスイッチを入れなければならない冷蔵庫やドライヤーなどの備品が集約されている。アメニティは必要最低限のものが揃っている。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

逆側はトイレとシャワー・ルーム。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

もちろん分かれている。シャワーは結局は大浴場に行くので一人で泊まる分には使うことは滅多にないがあるに越したことはない。

引き戸を開けるとベッドとデスクがある。カーテンは深いグリーン。

ベッド

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

ベッドは全室にシモンズ社製が導入されているので寝心地が良くぐっすりと眠ることが出来る。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

枕元に空調のコントロールパネルがあるのでいちいち起き上がらなくても調整出来る。電源は1つだが、各種使える充電器もあるのでそれで充分。

デスク

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

デスクはそんなに広くはない。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

PCを置いて横にちょっと書類を置いてというレベル。電源は3つもあるので充分。LANケーブルを引き出してPCに繋げるようになっている。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

椅子はさほど居心地が良いわけではないが、背もたれも肘置きも一応あるタイプなので、全然ダメダメと言うわけではない。

大浴場

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

最上階の13Fには天然温泉『六花の湯』がある。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

入るにはカードキーを翳さないと入れない。内湯をはじめとして、開放的な露天風呂、サウナ、水風呂などがある。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

脱衣所は清潔で鍵付きロッカー。泉質は低張性弱アルカリ性温泉。サウナのみ1:00〜5:00の間は利用休止となるが、それ以外は15:00〜翌朝10:00は自由に入れる。

湯あがり処SoLa

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

大浴場のフロアには、湯あがり処SoLaがある。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

19時から21時までは、ビール、チューハイ、アップルジュース、オレンジジュースが一杯目は無料で提供されている。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

他にも自販機と共に漫画が置いてあるのも他と同じ。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

マッサージが受けられる手もみ処もちゃんとある。

製氷機

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

透明の大きめのカップ備え付けの製氷機がちゃんとある。

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

これがある無し関係ない方も多いだろうが、焼酎やハイボールをちょっと飲む際に製氷機は必需品の人も居るのだ。

まとめ

天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本

いかにもドーミーインらしいところ。出張で泊まるのだったら申し分がない。

最近はドーミーインも全面禁煙で喫煙ブースが多くなっている傾向だが、ここは喫煙して良い部屋がまだあるのがありがたい。無いと泊れないからね。

ドーミーイン系列ホテル宿泊レポート

LA VISTA(ラビスタ)函館ベイとグルメ
昔々、ドーミーインや湯宿やリゾートホテルを手掛ける共立メンテナンスの系列で最初に泊まったのが『ドーミーイン箱根』。今は建て増しされて『箱根小涌谷温泉 水の音』になっている。それからというものの旅行や出張で泊まったりと随分利用させて頂いて...
徹底解説!日向の湯ドーミーイン宮崎
今回は宮崎の『天然温泉日向の湯 ドーミーイン宮崎』。「日向の湯ドーミーイン宮崎」情報アレコレアクセス(△)JR宮崎駅から歩くと15分くらい。途中で『粋仙』新しいお店に寄って行くと15分は分けられるのでさほど気にはならない。宮崎空港...
徹底解説!出島の湯 ドーミーイン長崎
今回は長崎の『出島の湯 ドーミーイン長崎』。「出島の湯 ドーミーイン長崎」情報アレコレアクセス(△)新地中華街正面にあるのが『出島の湯 ドーミーイン長崎』。JR長崎駅からなら路面電車に乗って10分くらいの『新地中華街』で下車して徒...
剣の湯ドーミーイン富山 宿泊レポート
今回は富山のドーミーイン。富山駅からタクシーに乗って行き先を告げると、運転手さんに『どちらのドーミーインですか?』と聞かれた。どちら?ドーミーインは一つのはずだがこれはいったい?と思っていたら、『天然温泉 剣の湯 ...
ドーミーインPREMIUM 京都駅前宿泊レポート
今回は京都駅のすぐそばにあるホテル、『天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM 京都駅前』。天然温泉花蛍の湯ドーミーインPREMIUM 京都駅前アクセス駅からのアクセスは非常に良い。JR京都駅中央出口から右手に歩いて『羅城門』の模型を
新しいタブで開く)

熊本のホテル宿泊レポート

徹底解説!三井ガーデンホテル熊本
泊まったホテルなども一応記録しておこうということで、簡単な感想や情報等をアップしていこうと思う。今回は熊本のホテル編。(〇)・(△)・(×)の評価は個人的なものなのであくまでも参考程度に。「三井ガーデンホテル熊本」情報アレコレアク...
熊本東急REIホテル宿泊レポート
今回は熊本の『熊本東急REIホテル』。『REI』は『Relax、Enjoy、Impressive』の略だそうだ。他にも『礼』とか『麗』とかの意味も込めているとかいないとか。「熊本東急REIホテル」情報アレコレアクセス(○)JR熊本...

参考:熊本で失敗しないおひとりさま

熊本で失敗しないおひとりさま「和食島崎」移転前
時々靴を脱いでお店に入るスタイルがある。座敷席とかではなく、お店自体に入る時にだ。これは案外気持ち良くていつも良いなと思う。そして、今まで何軒かそのスタイルのお店に入ったことがあるが、振り返るとどこもなかなか良い雰囲気で美味しいのである...
熊本で失敗しないおひとりさま「新・和食 島崎」
熊本空港からバスに乗ること50分、交通バスセンターに到着する。そのままの足で向かったのが『和食島崎』だ。熊本「和食 島崎」移転後このお店、以前伺った時とは違って移転している。新店は隣のビル場所は以前お店があったビルのすぐ隣の...
熊本で失敗しないおひとりさま「あめや」
今回は熊本で一人で静かに飲みたいのならココ!というとても雰囲気の良いお店だ。熊本「あめや」いわゆる熊本の繁華街からは少しばかり外れた練兵町というところがある。「あめや」界隈ここは明治時代の陸軍歩兵第13連隊『山崎練兵場』の名残の...
熊本で失敗しない「立ち呑み食堂 ねぎぼうず」
昔から坂はこの世とあの世の境界という考え方がある。それが元になったのだろう、『その坂で転ぶと三年で死ぬ』と言う伝承がある。それが『三年坂』だ。三年坂と言えば普通は京都の清水寺近くのそれ(産寧坂)を思い浮かべるだろう。でも三...
熊本で失敗しない「武蔵小路立ち呑み酒場」
熊本一の繁華街である下通り。西側と比べると東側はどこか裏通り的な雰囲気が漂っているのだが、その通称『武蔵小路』に一軒のなかなか素晴らしいお店がある。そのお店の近くの『立呑み食堂 ねぎぼうず』も『立呑み』と言いつつ椅子席があったが、ここも...
熊本で失敗しないおひとりさま「天草」
姉妹店『瓢六』が隣にあるのだが、予約なしで行くとどちらも満席のことが多いと言う人気店。熊本「天草」このお店の始まりはおでんの屋台だったそうだ。その頃から数えれば既に50年の歴史があるらしい。アクセス...

参考:熊本バー情報

熊本1963年創業の老舗バー「木煉瓦」
そう言えば熊本ではバーに行ったことがなかった。と言うわけで『立ち呑み食堂 ねぎぼうず』の後にちょっと寄ってみた熊本最古のバー?行ったのは『ねぎぼうず』から歩いてすぐのところにある老舗バー『木煉瓦』。創業は東京オリン...

参考:熊本ラーメン情報

熊本に来たら「ラーメン天外天本店」は外せない
熊本鶴屋百貨店の裏手、小泉八雲熊本旧居がある蓮政寺公園の横に一軒のラーメン屋がある。熊本「ラーメン天外天本店」昼間は営業していない。飲んでこの店の前を通るといつも行列が出来ている印象があるお店、それが平成元年創業の『ラーメン天外天』...
肥後よかモン市場で「天外天ラーメン」
さて今回は以前本店にも伺ったことがある『天外天本店』の別店舗。肥後よかモン市場JR熊本駅改札を抜けると正面にあるのが『肥後よかモン市場』だ。ここが結構楽しい。様々なお店が全部で60ほどあって、お土産を買ったり、飲んだり食べたりと...

参考:熊本空港ラウンジ

徹底解説!阿蘇くまもと空港ラウンジ
6/23現在2018年の飛行機搭乗回数は55回となっている。今回は熊本空港、愛称『阿蘇くまもと空港』のJALサクララウンジの紹介。残念ながらこの空港には↓羽田のようにダイヤモンド・プレミアラウンジがない。くまモン空港ではなく阿蘇くま...

Comment

タイトルとURLをコピーしました