LA VISTA(ラビスタ)函館ベイとグルメ

ラビスタ函館ベイ

昔々、ドーミーインや湯宿やリゾートホテルを手掛ける共立メンテナンスの系列で最初に泊まったのが『ドーミーイン箱根』。

今は建て増しされて『箱根小涌谷温泉 水の音』になっている。それからというものの旅行や出張で泊まったりと随分利用させて頂いている。

そんな中の1つが今回の『ラビスタ函館ベイ』だ。

ラビスタ函館ベイ

ラビスタ函館ベイ

これは出張ではなく函館に旅行に行った際の宿泊。

アクセス

ラビスタ函館ベイ

JR函館駅から歩くと15分程。

ラビスタ函館ベイ

市内循環バス『元町ベイエリア周遊号』で歩き(1分ほど)を入れても10分弱。

ラビスタ函館ベイ

路面電車なら『魚市場通電停』から5分程歩くがこれも10分ちょっと。

※住所:北海道函館市豊川町12−6

※TEL:0138-23-6111

ロビー

ラビスタ函館ベイ

ロビーはレンガがあちこちに使われていて、

ラビスタ函館ベイ

なかなか良い雰囲気だ。

ラビスタ函館ベイ

室内

ラビスタ函館ベイ

部屋はデラックス・ツイン。目の前には赤レンガ倉庫と函館山と眺望もすこぶる良い。部屋も結構広くて、先ず入るとクローゼット兼荷物が置けるスペースがある。

ベッドスペースへは小上がりになっていて靴を脱いで過ごせるのが良い。

ベッドも1200mm×2000mmと広くて快適。その先にはソファとテーブルの寛ぎスペース。バス・トイレ・洗面もそれぞれ独立している。

ただ眠るだけの部屋とは違って部屋でゆったり出来るのが良い。

海峡の湯

最上階には天然温泉『海峡の湯』がある。泉質は『ナトリウム・塩化物強塩泉』。眺めもすごく良いし風呂上がりには無料のアイスが用意されている。

ラビスタ函館ベイのグルメ

ホテル内のグルメは二か所。一つが北海シーフード&十勝牛ステーキの『レストラン・ノルテ』で、もう一つが海鮮中華『海風楼』。それとは別に宿泊者専用の『北の番屋』がある。

更に敷地内には、和と洋を融合させた4つの建物と天然温泉の足湯からなる『函館ベイ美食倶楽部』もあるので食事場所には事欠かない。

ちなみに『函館ベイ美食倶楽部』には、

  • きくよ食堂(海鮮丼、活魚料理、炭火焼)
  • まるかつ水産(回転寿司)
  • 麺厨房あじさい(函館ラーメン)
  • 大地のめぐみ(スープカレー)
  • 羊羊亭(ジンギスカン)

といった有名飲食店が立ち並んでいる。

レストラン・ノルテ

ラビスタ函館ベイ

店内はなかなか雰囲気の良い。先ず飲み物はサービスの『サングリア』。

ラビスタ函館ベイ

更に『スパークリングワイン』。

ラビスタ函館ベイ

料理は『キール(食前酒)生ハム・ぼたん海老のカクテル・道産チーズ』。

ラビスタ函館ベイ

『ノルテ特製オードブル5種類の盛り合わせ』。

ラビスタ函館ベイ

飲み物は当然足りなくなるのでスペインの赤ワイン『FINCA SOBRENO』。

ラビスタ函館ベイ

『本日のカルパッチョ(わさび風味)』。

ラビスタ函館ベイ

『帆立のグリル・海老のカダイフ揚げ・お魚のワイン蒸し三種類の調理法と季節の野菜を添えて』。

ラビスタ函館ベイ

『十勝牛ヒレ肉のポワレ、赤ワインソース』。

ラビスタ函館ベイ

『季節の炊き込み御飯』と『本日のスープ』。

ラビスタ函館ベイ

『三種のプティケーキの盛り合わせ』。

ラビスタ函館ベイ

洋食なんだけれど、『季節の炊き込み御飯』が突然出てきたり、『本日のスープ』が味噌汁っていうところがちょっと笑えた。

北の番屋

ラビスタ函館ベイ

このラビスタ函館ベイの『北の番屋』の朝食は結構有名で、『トリップアドバイザー』で朝食のおいしいホテルベスト20で2011・12年と連続日本一になっている。

しかしこの会場、結構混むので行列に並ばなければならないかもしれない。

ここで人気なのはイクラ、甘エビ、イカ、タラコ、などを自分で好きなだけのせてつくって食べられる『海鮮丼』だろう。

目の前で海鮮や野菜を焼いてくれるコーナーも楽しいし、和食・洋食とにかくその種類はかなりのものでそこから選んで食べられるのは嬉しいに決まっている。

スイーツも豊富だし確かに人気なのはわかる。

羊羊亭

ラビスタ函館ベイ

函館ラビスタベイに隣接している『函館ベイ美食倶楽部』の中の1つ。『めいめいてい』と読む。まあ羊だからね、悪くないネーミングだ。

ラビスタ函館ベイ

それで、北海道に来たんだからジンギスカン!と思っても、実は意外に函館でジンギスカンの美味しいお店を探すとなるとそうは簡単でない。

そんな時はココが良い。結構人気なので予約をして行った方が無難だ。店内はテーブル席と座敷席がある。メニューはアラカルトもあるが、食べ・飲み放題のコースがある。

ラビスタ函館ベイ

コースは2つあって、『ジンギスカンコース3280円』と『ジンギスカンプレミアム3980円』。ちなみに子供はそれぞれ1500円と1800円で未就学は無料となっている。

ラビスタ函館ベイ

『ジンギスカンコース』の内容はこんな感じ。

  • 生ラムロース 
  • 生ラムランプ
  • 八雲豚ロース
  • 八雲豚バラ 
  • 味付ラムロース
  • 海老
  • 塩キャベツ
  • 野菜盛り(もやし、キャベツ、玉葱、人参、ピーマン)
  • ご飯
  • 味噌汁

これが『ジンギスカンプレミアム』になると、『ジンギスカンコース』10品にプラス3品。

  • ラムウインナー 
  • 牛ロース薄切り
  • 塩味豚ホルモン

が加わる。

飲みものは?というと、これも飲み放題コースがあって1000円で。ソフトドリンクのみなら500円だから結構リーズナブルだ。

  • サッポロクラッシック樽生ビール(大・中)
  • グランブルー(ロック・水割り・お湯割り)
  • グレープフルーツサワー
  • レモンサワー
  • 巨峰サワー
  • シークヮーサーサワー
  • 白桃サワー
  • マンゴーサワー
  • ガラナサワー
  • 夕張メロンサワー
  • ハスカップサワー
  • ウーロン茶割り
  • 緑茶割り
  • カツゲン割り
  • コカコーラ
  • メロンソーダ
  • カルピス
  • ジンジャーエール
  • アップルジュース
  • ウーロン茶
  • 緑茶
  • コーヒー(ホット・アイス)
  • アイスティー
  • オレンジ100%
  • ガラナ
  • カツゲン
  • ポールスター
  • キールロワイヤル
  • プリンセス
  • カシスオレンジ
  • カシスウーロン
  • ファジーネーブル

となかなかの充実ぶり。

いずれにしても生ラムをはじめとしたお肉がとても美味しくて、時間は確かに短いが充分満足出来る。

まとめ

函館で宿泊するのならやはりこの『ラビスタ函館ベイ』だろう。部屋も素敵だし、温泉も良いし、食事にも困らない。観光スポットのアクセスも良い。申し分のないホテルだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る