福岡ラーメン総選挙第1位の「らーめん二男坊」

久しぶりにJR博多駅にある博多デイトスの『博多めん街道』に行ってみると、以前あったお店が入れ替わっていた。

撤退したのは、お店側の意志なのか?

それともデイトス側の意志なのか?は定かではないが、それなりに事情があるんだろう。

そんな中、まだ食べたことがなかった『らーめん二男坊』に入ってみることにした。『次男』ではなくて『二男』ね。

外観・店内

このお店、『福岡ラーメン総選挙第1位』の看板がやはり目を引く。 でもこれってどこが主催したいつの話なの?と思ってしまうわけで。それでよく見たら、

This is the best Ramen shop which is chosen customer in Fukuoka2009

と書かれていた。なるほど自慢したいのだろうが10年も昔の話なわけだ。でもまあお店を選ぶ際の一つの基準にはなるんだろう。皆が認めたというのは悪くないわけで。

店内は意外に広い。カウンター席とテーブル席。清潔なイメージで女性も入り易いだろう。

メニュー

先ず食券を店先で買うシステムになっているので購入。メニューは、ラーメンが大きく博多豚骨らーめんとこってり黒脂豚骨の2種類ある。

どちらもらーめんと半熟煮玉子らーめんとチャーシューめんと半熟煮玉子チャーシューめんの4タイプ。

トッピングやぎょうざやごはんものなどの追加の注文がしたければ、店内で現金で注文出来るようになっている。

最初なので普通に『博多豚骨らーめん』。

ここのらーめんのコンセプトは、

目指したのは男性も満足、女性にも愛される。新しくてなじみ深い博多豚骨ラーメン。

そんなわけで、女性が豚骨ラーメンに対して抵抗を持つ部分=豚骨臭い、脂っぽい、塩辛い…と言うある意味豚骨ラーメンの旨い秘訣を何とか矛盾しないようにしたんだろう。

しっかり濃厚で厚みのある豚骨なのに、臭くない。スープをしっかり持ちあげるほど、とろみがあるのに、脂っぽくない。コクが深いのに、塩辛くない。

というラーメンとなったわけだ。確かにこれらの言葉が当てはまるラーメンになった感じだ。

ネギ、チャーシュー、キクラゲとシンプルなトッピング。スープは少し甘めでクリーミー。麺は極細のストレート。後半飽きてきたら紅しょうがやゴマをどうぞ。

博多「らーめん二男坊」

もちろん替玉もある。

まとめ

女性にも愛される豚骨ラーメンという感じが確かにする。その分インパクトには欠けるが、バランスがしっかりとした美味しいラーメンである。

「らーめん二男坊博多デイトス店」基本情報

それでは最後に「らーめん二男坊博多デイトス店」の基本情報。

住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス 2F 博多めん街道2

TEL:092-414-2255

営業時間:[月~金] 11:00~24:00(L.O.23:30)

     [土] 10:00~24:00(L.O.23:30)

     [日・祝日] 10:00~23:00(L.O.22:30)

その他:全面禁煙

福岡ラーメン情報関連記事

まるやかでクリーミーなとんこつスープに厳選した7種の魚介を合わせた「魚介とんこつラーメン」を提供する「福岡空港ラーメン滑走路」内の1軒、「ラーメン海鳴」。
福岡空港3Fにある『ラーメン滑走路』の中の1店で期間限定店。ワンタンがまさに極薄ふわとろ。どこかなつかしい優しい味のするいわゆる中華そばは是非食べるべきだ。
まさにすごい煮干ラーメン「ラーメン凪」福岡空港店。『煮干しが苦手な方、ご遠慮下さい』というフレーズが印象的だが、まずは1度この個性溢れる一杯を是非食べてみてほしい。
復活!「博多焦がし味噌専門五行」福岡空港店。2000年に天神西通り『博多一風堂』の2Fに誕生したラーメン店。2012年に惜しまれつつ閉店したが、ラーメン滑走路に期間限定で復活。

参考: 福岡で失敗しないおひとりさま

福岡でおでんと言ったらやはり西中州にお店を構える創業昭和36年の「安兵衛」だろう。少し前のことになるが「ミシュラン2014福岡佐賀特別版」でビブグルマンを獲得している。
福岡春吉で失敗しないおひとりさま「独酌しずく」。サバが好きなら是非1度は訪れたいお店。長崎の五島の漁師から直接、夕方まで泳いでいたサバを提供。新鮮さが抜群。
福岡で失敗しないおひとりさま「大衆割烹ひかり」。博多駅筑紫口から歩いて数分。価格も安くお酒も料理もバラエティに富んでいる、まさに「大衆割烹」の名に相応しい使い勝手の良いお店。
禁煙でも行こうと思うお店はそう多くはない。選択肢の中からその条件だけで普通は外してしまう。ただ、中にはそれでも行こうと思うお店がある。その一軒がここであることは間違いない。
大名の隠れ家「寺田屋」は、先ず店に入るまでが良い。入ってからの雰囲気も良い。料理もお酒も良い。接客も良い。不足しているものは何かないか?と考えてみたが特に見当たらない。

参考:福岡で失敗しないバー情報

中州のビルの奥に店を構えるバー「Bar Higuchi」。ここは自家製のジンジャー・ウォッカを使ったカクテル「モスコミュール」が名物。ただシングルモルト・ウイスキーも充実。

参考:福岡のホテル宿泊レポート

博多駅筑紫口から歩いてすぐのところにあるのが「博多グリーンホテル1号館」。何しろアクセスが良いし、そこそこ清潔なのだが、一つだけ問題点と言えるのがデスク。
福岡の天神にある『西鉄イン天神』宿泊レポート。外観を見た時に、結構古いかもと思っていたが、古いにしてもちゃんと中はキレイ。出張1泊なら全く問題ない。
アクセスという意味でも周辺環境と言う意味でも立地はとても良い。大浴場だって小さいながらあるし、居酒屋も併設。コンビニも隣にある。悪くない環境ではある。あとは好みの問題。

参考:福岡空港ラウンジ情報

JALの空港ラウンジの中でもトップレベルだと思うのがこの福岡空港のダイアモンド・プレミアラウンジ。リニューアル工事中の福岡空港の歴史とラウンジの中を徹底解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る