JR九州ホテルブラッサム博多中央宿泊レポート

JR九州ホテルブラッサム博多中央

今回のホテルは『JR九州ホテル ブラッサム博多中央』。

博多駅近くに2つあるJR九州ホテルブラッサム

この『JR九州ホテルブラッサム』、博多駅周辺に2つあるのだ。今回の博多口側にある『JR九州ホテルブラッサム博多中央』が1つ。

もう1つは博多口とは逆側の筑紫口側にある『JR九州ホテルブラッサム福岡』。なので間違えないように注意が必要だ。

アクセス

それで『JR九州ホテル ブラッサム博多中央』は、博多口を出て博多駅前広場を進み、大通りを渡り、福岡センタービルと西日本シティ銀行の間『はかた駅前通り』を行った右手側にある。

住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目2−11

TEL:092-477-8739

周辺

駅近なので当然コンビニもいくつかあるし飲食店の選択肢はそれこそいくらでもある。1番近いコンビニは『ポプラ』かな。

このポプラ、入らなかったが、リニューアルを機に立ち飲みバーを併設していて、『お酒の美術館』と言うお店がオープンしていた。

京都発で、『希少なオールドボトルをもっと気軽に楽しんでいただきたい』との思いが込められたスタンディングのレトロバー。 1杯500円~でポプラで購入した食べ物持ち込みOK。

外観・ロビー・フロント

入口はきれいだが特に特徴と言うほどのものはない。ただ入るととても素敵な空間が広がっている。清潔感があって非常に落ち着いた雰囲気。

博多織のデザインをあしらったガラス壁、瓦や石を埋め込んだ博多塀をモチーフとした土塀、九州各県を代表するアートワークがさりげなく飾られている。

PCコーナーもあって無料でPCが使える。プリンターも用意 されている。ただプリントアウトは有料となっている。

エレベーター・廊下

エレベーターはカードキーを翳さないと各フロアには行けないスタイルになっている。フロントの先の1番奥右手にエレベーターがある。

エレベーターを降りて部屋に向かう。

廊下も非常に清潔で落ち着いた雰囲気。

ルームナンバーはドアの横の縦長の白い光に浮かび上がっている。

客室

ツインのシングルユースだったので、部屋は広めの25m²。

客室に入ると入口には竹材を使用したフローリング、その先はシックな絨毯。

バスルームと扉のあるクローゼットが両側にあり、

その先にベッド。ベッドの正面に40型液晶TVが壁に掛けられている。

デスクは丸みを帯びた小さなもの。

丸い小さなテーブルと椅子も置かれている。

荷物置きの下は引き出しになっていて金庫が入っている。

ベッド

機能性・耐久性に優れた米国シモンズ社製のポケットコイル式ベッドは120cm×200cm。麻素材を使用した茜色のヘッドボードがキレイだ。

浴室

浴室は広め。

洗面台が広く、アメニティは一通り必要なものは揃っている。タオルは今治タオルを使用。

バスタブも結構広い。

シャワーカーテンのレールは時々見かけるカーブしているもので閉めた際に内側の空間が少しだけだが広く使えるもの。

デスク

デスクは丸みを帯びた小さなもの。

仕事をするには少しばかり狭いかもしれない。

冷蔵庫が下にある。上にはケトルやカップ。ミネラルウォーターはサービス。

その他

5・11・12階には自動販売機コーナーあり。アルコール・ソフトドリンク 、製氷機も備えたある。カップは透明の大きめのもの。

同じ5・11・12階には24時間ご利用いただけるコインランドリーもある。

まとめ

非常に快適で清潔なホテルである。アクセスも良いし、ロビーの雰囲気も客室の雰囲気もとても良い。出張で泊まるにはもう充分だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る