とろける~「豚とろ」天文館アーケード店

「豚とろ」天文館アーケード店基本情報

ラーメンMEMO、鹿児島編

「豚とろ」天文館アーケード店

鹿児島ラーメンの『豚とろ』と言えば、山之口町にある本店にも伺ったことがあるが、今回は天文館アーケードの中にあるお店の方。

こんなお店

「豚とろ」天文館アーケード店

市電の『天文館通駅』からアーケードに入っていき、最初の十字路を左に入るとすぐにお店がある。少し先に行くと『こむらさき』もあるにぎわい通り。

木目のキレイな入口には白い暖簾、その上にはいわゆるラーメンマーク、四角い渦巻き模様も木。更にその上にも赤に白抜きの渦巻き模様に囲まれて雲と鹿児島ラーメン豚とろの文字。

「豚とろ」天文館アーケード店

店内は右手がカウンター席で目の前が厨房。椅子は固定されているやつ。左がテーブル席になっている。正面が鏡になっているので広く感じるが意外とこじんまりとしたつくり。

カウンターに座って上を見上げるとここにも印象的な雲が。金の縁取りで中は白、数か所に赤が入っているもので、これを見ると自然に柔らかい豚とろの触感が蘇る。

ラーメンマーク

ちなみにお店の外観で雲と共に印象的なのがいわゆるラーメンマークだが、この四角い渦巻き模様は『雷紋』というらしい。

中国では殷・周の時代から用いられていて、日本には奈良時代に伝来したそうだ。雷文は万物を潤す雷雨を意味するため不断長久を表す吉祥文様。

何でこれが良くラーメンの器などに描かれるようになったのか?この模様を最初に丼に描いたとされているのが東京・かっぱ橋道具街にある『小松屋』という陶器卸店らしい。

日本初のラーメン店とされる浅草『来々軒』が大繁盛したことで都内にラーメン店や中華料理店が続々とオープン。小松屋は来々軒とも取引があったそうだ。

ラーメン人気が広がり、小松屋初代がラーメン専用の丼を作ろうとなり、中国の魔よけや縁起物などを入れた方がそれっぽいということで雷紋を使ったのではないかと言うことだ。

まあこういった話というのは、それが真実かどうか?は定かではない場合が多いので何とも言えないけど。

メニュー

さてこの店のラーメンメニューはこんな感じだ。

  • 豚とろラーメン 750円
  • 半熟煮玉子入り豚とろラーメン 870円
  • 絶品チャーシュー増し豚とろラーメン 950円
  • 角煮入り豚とろラーメン 950円
  • 黒豚自家製トロトロワンタンメン 950円

大盛りはそれぞれ100円増し。

食券は券売機で購入する。この券売機ってスタンダードのものが小さなボタンで埋もれていて見つけにくい場合があるが、まさにここもそのパターンで三段目くらいにある。

初めてで内容をよく知らないままでこの機械の前に立つと、ついついお店が推す大きなボタンのメニューをつい購入してしまう場合があるので注意したい。

「豚とろラーメン」

「豚とろ」天文館アーケード店

スタンダードは『豚とろラーメン』だ。恒例の大根の漬物を食べながら待っていると、黒の金と赤の龍と雷紋が描かれた器で登場する。

スープは少し茶がかった白濁で脂が浮いており、見た目はこってりしている感じだが実際はそれほどでもなく意外にアッサリ。塩気が少し強いが美味しいので結構飲めてしまう。

麺は中太ストレート麺でそこそこ弾力があって良い感じ。具にはチャーシュー,キクラゲ,ネギ,焦がしニンニク。

ここの『売り』であるチャーシューは、豚の頬から肩のネック(首)部分の肉、要は豚トロを使っている。見た目よりも脂分が抜けていて脂っこいわけでもなく柔らかくやはり美味しい。

いわゆる鹿児島ラーメンではなく進化系といったところか。普通に美味しくいただけるラーメン。飲みの〆だと若干重いかもしれないが、食事として食べるには最適。

「豚とろ」天文館アーケード店基本情報

最後に「豚とろ」天文館アーケード店の基本情報。

住所:鹿児島県鹿児島市東千石町11-15

電話:099-226-7755

営業時間:11:00~21:00

     無休

その他:完全禁煙

豚とろ 天文館アーケード店ラーメン / 天文館通駅いづろ通駅朝日通駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

鹿児島ラーメン情報関連記事

熊本・宮崎とは違う「こむらさきアミュプラザ店」
ラーメンMEMO、鹿児島編「こむらさきアミュプラザ店」こむらさきは3つ?ラーメンの『こむらさき』と言えば、昔々『新横浜ラーメン博物館』で食べた熊本のものを最初に思い出すのだが、実はこの『こむらさき』は熊本以外に鹿児島、宮崎にもあるの...

参考:鹿児島で失敗しないおひとりさま

鹿児島で失敗しないおひとりさま「家のじ」
鹿児島天文館、電車通りから南の千日町や山之口町あたりは様々な飲食店が立ち並ぶところで、その中からお店をチョイスする方も多いだろう。電車通りの北にある「七味小路」天文館跡の碑今回はそんな電車通りを渡って北の方に行ってみる。路面電車の...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「味乃さつき」
今回は鹿児島で1番通っているお店と言って良いだろう、天文館山之口中通りに店を構える『味乃さつき』。なかなか外観だけでは入らないかもしれない、そして店の中の様子も見えずやはり入るにはちょっと躊躇してしまう、でも入れば幸せになれるお店だ。...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「Kiritsu」
今回は鹿児島の天文館から。鹿児島では『味乃さつき』が定番なのだが臨時休業。そうなると何処へ行こうか?の選択肢をさほど持ち合わせていないので非常に困ってしまう。でもそんな時に限ってなかなか面白いお店を発見できることもある。それが今回の『立...
鹿児島郷土料理なら「吾愛人」天文館本店
何人かで伺って鹿児島郷土料理を堪能するんだったらなかなか良いだろうというお店が天文館にある。一人では行ったことがないがやはり一人よりも何人かでという感じだ。まあ一人で行くなら他に色々良いお店はある。実際数人で行ったので写真は殆ど無いが...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「赤鶏炭焼大安」
鹿児島と言えば、最もよく行くお店が『味乃さつき』なのだが、他にも当然良いお店は色々あるわけで、今回は新規開拓のお店。鹿児島「赤鶏炭焼大安」『たいあん』ではない。『だいやす』と読む。味乃さつきからもすぐ近い場所、二官橋通りと二本町通り...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「菜菜かまど」
鹿児島の天文館は集中して色々なお店がある。なので、例えばこの辺りに宿泊をすれば、様々なお店に近いので非常に便利だし、あちこち行ってみようかとなる。なので、ついつい鹿児島に出張となると必ずどこかで飲むことになる。それ...

参考: 鹿児島で失敗しないバー

鹿児島で1番古いバー「池田バー」
まあどこの街に行っても、そのあたりで最も古いバーと言うものがある。もちろん古さは色々だが。鹿児島「池田バー」 それが 鹿児島で言えば『池田バー』なのだ。創業は昭和37年、1962年のことだから、既に半世紀を超えて今...
鹿児島の古き居心地の良いバー「ハイブリッジ」
タイトルが『Izakayahopping』だからといって居酒屋のことばかりというわけでもない。時にはバーに行くこともある。もちろん居酒屋の後だ。今回は鹿児島の天文館にある一軒のオーセンティックなバーをご紹介したい。初体験アイラ...
パープル・レインが流れる鹿児島「スティンガー」
今回は鹿児島のバーである。鹿児島のバーというと以前伺ったことがあるのは『ハイブリッジ』。鹿児島でよく泊まるホテルのすぐそばにあって、今まで何度も前を通っていたのにその店があることに気付かなかった。鹿児島「スティンガー」それで、今...

参考:鹿児島のホテル宿泊レポート

徹底解説!かごしま天文館プラザホテル
今回は鹿児島。ホテル名は『かごしま天文館プラザホテル』。「かごしま天文館プラザホテル」情報アレコレアクセス(〇)新幹線で鹿児島中央駅からだとタクシーなら5分程度。路面電車なら5分程の『天文館通電停』駅で降りてG3アーケードか文化通...
「レム鹿児島」宿泊レポート
今回宿泊は鹿児島の『レム鹿児島』。だいたい鹿児島だと『かごしま天文館プラザホテル』に泊まることが多いのだが、たまたま空いてなかったのでこちらに泊まってみた。「レム鹿児島」情報アレコレレムってレム睡眠?このホテル、『眠りをデザインす...

参考:鹿児島の温泉

鹿児島天文館からすぐの温泉「霧島温泉」
鹿児島は桜島のおかげであちこちに温泉がある。そして公衆浴場の殆どが天然温泉の立ち寄り湯になっている。 例えば天文館で飲む前↓にひとっ風呂浴びてからと思い立ってもすぐに行ける温泉もある。 もちろんラーメン↓を食べた後で...

参考:鹿児島空港ラウンジ

徹底解説!鹿児島空港サクララウンジ
今回は鹿児島空港のサクララウンジ。ここは今年の3月にリニューアルされたラウンジ。なので、いわゆる新しくつくられるJALのラウンジ・コンセプト、『日本のたたずまい』をもとにつくられている。西郷どん空港ではなく鹿児島空...

コメント

タイトルとURLをコピーしました