「レム鹿児島」宿泊レポート

レム鹿児島

今回宿泊は鹿児島の『レム鹿児島』。

だいたい鹿児島だと『かごしま天文館プラザホテル』に泊まることが多いのだが、たまたま空いてなかったのでこちらに泊まってみた。

『かごしま天文館プラザホテル』を写真で徹底解説!天文館のおススメのホテルの一つ。部屋も浴室も決して広くはないのだが清潔だしリニューアルしてそんなに経過してないのでキレイ。

「レム鹿児島」情報アレコレ

レムってレム睡眠?

このホテル、『眠りをデザインする』と謳っている。やはりホテル名の『レム』はレム睡眠のレムからきているんだろうか?

レム睡眠って急速眼球運動睡眠とも呼ばれているように、実は脳は覚醒しているらしく夢を見るのもこの睡眠の時みたいだ。要は眠りが浅いということか。

脳と身体とどちらの眠りが良いか?比べることではないしどちらも必要なんだろうけど、どちらかと言えば脳の眠りを多く取りたい気もする。

そうなると、このホテルは『ノンレム鹿児島』となるわけで、まあこのあたりはあまり深く考えないことにしよう。

アクセス(△)

さて、このホテルに行くには、JR鹿児島中央駅からはタクシーか市電。二官橋交差点と文化通り交差点の間くらいに位置している。大通りに面しているのですぐわかる。

市電なら『鹿児島中央駅前』電停から乗って、4つ目の『天文館通』電停で降りて少し戻ったところにある。

※住所:鹿児島県鹿児島市東千石町1番32号

※TEL:099-224-0606

周辺(○)

コンビニもすぐ近くにあるし、天文館のどこに行くにも便利。

入口~フロント(○)

レム鹿児島

エントランスからなかなかお洒落な雰囲気。

レム鹿児島

入ると何だか丸いオブジェ。

レム鹿児島

この丸いオブジェはフロントにもあった。

レム鹿児島

フロントは1Fではなくエレベーターで3Fまで上がるとある。

レム鹿児島

ロビーもやはりお洒落な感じ。

レム鹿児島

ハロウィンの飾りつけがされていてキレイ。

レム鹿児島

好みはもちろんあるだろうけどそんなにイヤではない。

エレベーター・廊下(○)

レム鹿児島

エレベーターは3基。廊下もエレベーターホールも落ち着いた色調で良い感じ。

レム鹿児島

そうそうセキュリティはしっかりとしていてセンサーにカードキーをかざさないと各階のボタンが押せないタイプになっている。

室内(○)

レム鹿児島

ツインだったが部屋はそんなに広くはない。入るとまず左に狭いクローゼットがある。

正面は洗面所、

レム鹿児島

トイレ、

レム鹿児島

浴室とそれぞれが分かれているのはポイントがかなり高い。

レム鹿児島

何処かでもあったが、浴室とベッドの仕切りがガラス張りになっている。まあロールカーテンみたいなもので仕切れるが、部屋の圧迫感をなくす工夫なんだろうか。

浴室(○)

レム鹿児島

浴室はマッサージシャワーだし、椅子もあるし、バスタブも当然あるし、トイレや洗面とは別なのはやはり嬉しい。

アメニティ等備品(○)

レム鹿児島

基本的なものは揃っていて足りないものは何もない。

レム鹿児島

洗面所のアメニティは置かれているのではなくて吊り下げられている。これは今まで見たことがない。なかなか面白い。こういう発想はなかったけど意外に良いかもしれない。

レム鹿児島

デスク(△)

レム鹿児島

ソファに丸い小さなテーブルはある。

レム鹿児島

TVが置かれているところは基本デスクとしては使わないということなのだろう。

レム鹿児島

だいたい椅子がない。それでもそこでPCを広げることは出来なくはない。その場合マッサージチェアになっている椅子を使えば良い。

ベッド・枕(○)

レム鹿児島

ここにはやたらと力を入れているようだ。

レム鹿児島

オリジナルのベッドだそうだ。

レム鹿児島

とは言え、そんなにこのホテルだけ特別に寝心地が良かったとハッキリ言えるかと言うと、ちょっと自信がない。

クローゼット(△)

レム鹿児島

扉はない狭いスペースあり。1泊なら全然問題ない。下には金庫もある。

冷蔵庫(○)

レム鹿児島

引き出し式の小さな冷蔵庫があり、中にはサービスのミネラル・ウォーターが入っているのは嬉しい。

レム鹿児島

この冷蔵庫なかなかビジュアルがお洒落だ。

電源(○)

結構あちこちにあるので不便さは全くない。

製氷機(○)

レム鹿児島

ロビー階に自販機と共に製氷機がある。

レム鹿児島

ちゃんと透明のプラスティックの容器もある。

レム鹿児島

自販機は、ソフトドリンクとアルコール両方揃っている。内容はまあ定番なもの。

まとめ

なかなかスタイリッシュなホテル。これで仕事が出来るちゃんとしたデスクがあればと思うが、『眠りをデザインする』ということで『客室は寝室』という位置付けみたい。

なので、こればかりは仕方がない。そう考えれば、色々な意味で非常に良いホテルと言っても良いのではないかと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る