鹿児島で失敗しないおひとりさま「菜菜かまど」

鹿児島『菜菜かまど』

鹿児島の天文館は集中して色々なお店がある。

なので、例えばこの辺りに宿泊をすれば、様々なお店に近いので非常に便利だし、あちこち行ってみようかとなる。

なので、ついつい鹿児島に出張となると必ずどこかで飲むことになる。それに温泉の立ち寄り湯もあるので、本当に楽しいところだ。

鹿児島「菜菜かまど」

鹿児島『菜菜かまど』

そんな中で今回は『菜菜かまど』。

店名の由来

『菜菜かまど』の店名の由来は聞いたことがないが、植物に『七竈(ななかまど)』というのがあるがそれと関係あるのだろうか?

確か『七竈』は7回かまどに入れても燃え残るほど燃えにくいから『ななかまど』というらしいが、お店がずっと続くようにという意味もあるのだろうか?

そう言えば、木山捷平の『井伏鱒二・弥次郎兵衛・ななかまど』っていうのがあったけど、あっちとは関係ないのかな。

探せるかな?

鹿児島『菜菜かまど』

このお店、わかってしまえばすぐに行けるのだが、初めてだとなかなか探せないかもしれないような場所にある。

そして、1度行ってしまえば全然躊躇なく入れるのだが、知らないと入ろうかどうしようか迷うかもしれない。

鹿児島『菜菜かまど』

何しろ非常に細い路地の奥にお店がある。この細い路地自体を見過ごしてしまうこともあるだろうというくらいの細い路地なのだ。

その路地は二本町通りにある。『サンデイズイン鹿児島』というホテルのちょうど向かい側くらいのところだ。

路地を入っていくと感知器で照明が点く。確かに暗い細い路地だから、こういうシステムがあった方が安心して奥へと進めるかもしれない。

鹿児島『菜菜かまど』

ちゃんと看板が出ているので迷うことはない。

店内

鹿児島『菜菜かまど』

木の扉を開けて中に入ると、L字カウンターだけのこじんまりとしたお店だ。左手に階段があり二階もあるようだが行ったことはない。

鹿児島『菜菜かまど』

木材を基調とした店内の照明は若干薄暗い。音を絞ったTVが点いているがその明るさが目立つくらいだ。

鹿児島『菜菜かまど』

とても静かで、料理をつくるいろいろな音が良く聞こえる。非常に落ち着いている雰囲気で、一人でゆったりと飲むには最高の場所だ。

鹿児島『菜菜かまど』

木の色が良い感じになってきているカウンターは結構奥行きがある。こういう奥行きのあるカウンターは良い。

メニュー

鹿児島『菜菜かまど』

ここで食べるべきはいくつかあるのだが、そのうちの一つがやはり『刺身盛合わせ』は食べておきたい。醤油は甘口と辛口とちゃんと両方用意されている。

鹿児島『菜菜かまど』

そして『鰹の腹皮』。腹皮と言っても皮ではなく腹の身の部分で、これを注文すると店内は煙モクモク状態。とにかく美味しくてお酒がどんどん進んでしまう。

鹿児島『菜菜かまど』

そして『とび魚のつけあげ』。

形が丸くなるように転がしてじっくりと中火にかけた油でじっくり15分ほどかけて揚げる。外はカリカリで中はフワフワでこれまた本当に美味しい。

鹿児島『菜菜かまど』

お酒はビール、焼酎、日本酒、梅酒、酎ハイ等々あるが、最初はビールだとしても、やはり焼酎に当然切り替わる。

鹿児島『菜菜かまど』

ここでの焼酎は『三岳』か『八幡』しかない。どうせならあまり見かけない『八幡』を呑みたいところだ。グラスでも1合からでも頼める。

鹿児島「菜菜かまど」

1合を頼むと氷とステキな入れものに焼酎が入って出てくる。

鹿児島『菜菜かまど』

グラスもここのものはキレイで結構好き。

鹿児島『菜菜かまど』

それで、この『八幡』は高良酒造の芋焼酎。

鹿児島『菜菜かまど』

蔵の裏の飯倉山から何百年も前から湧き出る水を割り水や仕込み水に使い、使う芋もその日に仕込む分しか用意せず、非常に丁寧につくられている。

鹿児島『菜菜かまど』

いわゆる普通の八幡と共に『古八幡』も置いてある。こちらは黒麹だけでつくられており、長期貯蔵したものだから当然素晴らしい味。

鹿児島『菜菜かまど』

まとめ

というわけで、非常に落ち着いた雰囲気で静かに一人で飲める場所だ。とても居心地が良い。料理もお酒も抜群だし本当に良いお店だ。

鹿児島「菜菜かまど」基本情報

最後に「菜菜かまど」の基本情報。

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町10−18

電話:099-225-7588

営業時間:11:00~23:30

     日曜・祝日休

その他:全面喫煙可

    予約可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

菜菜かまど割烹・小料理 / 高見馬場駅天文館通駅甲東中学校前駅
夜総合点★★★★ 4.0

鹿児島で失敗しないおひとりさま関連記事

鹿児島で失敗しないおひとりさま「家のじ」
鹿児島天文館、電車通りから南の千日町や山之口町あたりは様々な飲食店が立ち並ぶところで、その中からお店をチョイスする方も多いだろう。電車通りの北にある「七味小路」天文館跡の碑今回はそんな電車通りを渡って北の方に行ってみる。路面電車の...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「味乃さつき」
今回は鹿児島で1番通っているお店と言って良いだろう、天文館山之口中通りに店を構える『味乃さつき』。なかなか外観だけでは入らないかもしれない、そして店の中の様子も見えずやはり入るにはちょっと躊躇してしまう、でも入れば幸せになれるお店だ。...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「Kiritsu」
今回は鹿児島の天文館から。鹿児島では『味乃さつき』が定番なのだが臨時休業。そうなると何処へ行こうか?の選択肢をさほど持ち合わせていないので非常に困ってしまう。でもそんな時に限ってなかなか面白いお店を発見できることもある。それが今回の『立...
鹿児島郷土料理なら「吾愛人」天文館本店
何人かで伺って鹿児島郷土料理を堪能するんだったらなかなか良いだろうというお店が天文館にある。一人では行ったことがないがやはり一人よりも何人かでという感じだ。まあ一人で行くなら他に色々良いお店はある。実際数人で行ったので写真は殆ど無いが...
鹿児島で失敗しないおひとりさま「赤鶏炭焼大安」
鹿児島と言えば、最もよく行くお店が『味乃さつき』なのだが、他にも当然良いお店は色々あるわけで、今回は新規開拓のお店。鹿児島「赤鶏炭焼大安」『たいあん』ではない。『だいやす』と読む。味乃さつきからもすぐ近い場所、二官橋通りと二本町通り...

参考: 鹿児島で失敗しないバー

鹿児島で1番古いバー「池田バー」
まあどこの街に行っても、そのあたりで最も古いバーと言うものがある。もちろん古さは色々だが。鹿児島「池田バー」 それが 鹿児島で言えば『池田バー』なのだ。創業は昭和37年、1962年のことだから、既に半世紀を超えて今...
鹿児島の古き居心地の良いバー「ハイブリッジ」
タイトルが『Izakayahopping』だからといって居酒屋のことばかりというわけでもない。時にはバーに行くこともある。もちろん居酒屋の後だ。今回は鹿児島の天文館にある一軒のオーセンティックなバーをご紹介したい。初体験アイラ...
パープル・レインが流れる鹿児島「スティンガー」
今回は鹿児島のバーである。鹿児島のバーというと以前伺ったことがあるのは『ハイブリッジ』。鹿児島でよく泊まるホテルのすぐそばにあって、今まで何度も前を通っていたのにその店があることに気付かなかった。鹿児島「スティンガー」それで、今...

参考:鹿児島のホテル宿泊レポート

徹底解説!かごしま天文館プラザホテル
今回は鹿児島。ホテル名は『かごしま天文館プラザホテル』。「かごしま天文館プラザホテル」情報アレコレアクセス(〇)新幹線で鹿児島中央駅からだとタクシーなら5分程度。路面電車なら5分程の『天文館通電停』駅で降りてG3アーケードか文化通...
「レム鹿児島」宿泊レポート
今回宿泊は鹿児島の『レム鹿児島』。だいたい鹿児島だと『かごしま天文館プラザホテル』に泊まることが多いのだが、たまたま空いてなかったのでこちらに泊まってみた。「レム鹿児島」情報アレコレレムってレム睡眠?このホテル、『眠りをデザインす...

参考:鹿児島ラーメン情報

熊本・宮崎とは違う「こむらさきアミュプラザ店」
ラーメンMEMO、鹿児島編「こむらさきアミュプラザ店」こむらさきは3つ?ラーメンの『こむらさき』と言えば、昔々『新横浜ラーメン博物館』で食べた熊本のものを最初に思い出すのだが、実はこの『こむらさき』は熊本以外に鹿児島、宮崎にもあるの...
とろける~「豚とろ」天文館アーケード店
ラーメンMEMO、鹿児島編「豚とろ」天文館アーケード店鹿児島ラーメンの『豚とろ』と言えば、山之口町にある本店にも伺ったことがあるが、今回は天文館アーケードの中にあるお店の方。こんなお店市電の『天文館通駅』からアーケードに入ってい...

参考:鹿児島の温泉

鹿児島天文館からすぐの温泉「霧島温泉」
鹿児島は桜島のおかげであちこちに温泉がある。そして公衆浴場の殆どが天然温泉の立ち寄り湯になっている。 例えば天文館で飲む前↓にひとっ風呂浴びてからと思い立ってもすぐに行ける温泉もある。 もちろんラーメン↓を食べた後で...

参考:鹿児島空港ラウンジ

徹底解説!鹿児島空港サクララウンジ
今回は鹿児島空港のサクララウンジ。ここは今年の3月にリニューアルされたラウンジ。なので、いわゆる新しくつくられるJALのラウンジ・コンセプト、『日本のたたずまい』をもとにつくられている。西郷どん空港ではなく鹿児島空...

Comment

タイトルとURLをコピーしました