復活!「博多焦がし味噌専門五行」福岡空港店

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

さて今回は福岡空港の『ラーメン滑走路』のお店。

1年間の期間限定店(2018年11月まで)、『博多焦がし味噌専門五行福岡空港店』。

「博多焦がし味噌専門五行」福岡空港店

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

この『五行』は元々2000年に天神西通り『博多一風堂』の2Fに誕生したラーメン店。2012年に惜しまれつつ閉店したが、ラーメン滑走路に期間限定で復活。

今は東京・名古屋・京都で展開していて、『呑んで、つまんで、麺で〆る』がコンセプトのラーメンダイニング。

ただこの福岡空港店は他のところとは違って一品料理があれこれとあるわけではなく、ラーメンに特化したお店だ。

そもそもこの『五行』は『一風堂』を始めとした各種飲食店の運営をしている、東証マザーズ上場の外食企業『力の源カンパニー』の直営飲食店の一つ。

店の雰囲気

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

このラーメン滑走路のお店はどこもそうだが、ガラス張りで店内が良く見える。ここも同じで両側がガラス張り、真ん中は暖簾四枚のうち二枚が巻かれていて中が良く見える。

そしてどこもラーメン屋らしからぬスタイリッシュな内装なのも共通しているところだが、ここも例にもれずなかなかお洒落な雰囲気。

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

店内は入って右手がテーブル席で4人掛けが4卓、左手がカウンター席になっている。黒と白木とレンガと白いタイルのスッキリとした感じ。

チョークで書いたような文字がなかなか良い感じの黒板が何ヵ所かあって、これもお店の雰囲気づくりに一役買っている。

メニュー

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

店内に入ったら左手にある券売機で食券を買う。

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

メニューは、

  • 焦がし味噌ラーメン 890円
  • 焦がし醤油ラーメン 890円
  • 焦がし豚骨ラーメン 890円
  • スパイス焦がし味噌 980円
  • 特・焦がし味噌 1,090円
  • 特・焦がし醤油 1,090円
  • 特・焦がし豚骨 1,090円

大盛りはそれぞれ100円増し、替玉は150円、チャーシュー増しは300円、半熟潮玉子が100円。

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

他には、セット的なものが、

  • Aセット ごはん+餃子5個 200円
  • Bセット チャーシューごはん 250円
  • ちょい飲みセット 生ビール+餃子5個 700円
  • おつまみ盛り 450円

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

サイドメニュー的なものが、

  • 博多ひとくち餃子 10個 450円
  • 博多ひとくち餃子ハーフ 5個 230円
  • ごはん 150円
  • チャーシューごはん 350円

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

飲み物が、

  • 生ビール 600円
  • 瓶ビール 600円
  • 角ハイボール 400円
  • ウーロン茶 300円

と言った感じ。

焦がし味噌ラーメン

博多焦がし味噌専門五行福岡空港店

席に着いてしばらくするとラーメンが運ばれてくる。やはり最初は『焦がし味噌ラーメン』を食べたいところ。

そもそもこの『焦がし』と言うのは、中華鍋で300度以上に熱したラードに、味噌や醤油のタレを加えて一瞬だけ焦がした後、豚骨の澄んだスープを加えるもの。

コク深く香ばしい漆黒のスープが特徴で、九州味噌数種類をベースに最強や岩手の味噌をブレンド。福岡の老舗醤油蔵の添加物を一切使用しない本醸造醤油を使用しているらしい。

出てきた漆黒の丼の中に真っ黒なスープ。濃くて香ばしいいかにも焦がしましたというスープは甘味もあって見た目よりも全然飲み易くてかなり美味しい。ただ激熱なので注意。

バラチャーシューに半熟玉子、海苔、キャベツ、なると。ひき肉も入っている。麺は中細のストレート麺でスープに良く絡む。全体的にはとてもバランスが良くてサッと食べられる。

個性的ではあるが、それが強すぎて食べる人を激しく選ぶほどではなく(もちろん一部の方はダメかもしれないが)、非常に美味しくいただけ、記憶に残るラーメンだ。

焦がし醤油や焦がし豚骨、スパイス焦がし味噌、これらも今度ラーメン滑走路に来た時は食べてみようという気になるお店だ。

「博多焦がし味噌専門五行」福岡空港店基本情報

最後に「博多焦がし味噌専門五行福岡空港店」の基本情報。

住所:福岡市博多区大字下臼井782番地1 国内線ターミナルビル3F 「ラーメン滑走路」内

電話:092-621-7070

営業時間:10:00~21:45(L.O.21:00)

     無休

その他:完全禁煙

    ※同フロアに喫煙スペース有

 

博多焦がし味噌専門 五行 福岡空港店ラーメン / 福岡空港駅
昼総合点★★★★ 4.0

福岡ラーメン情報関連記事

とんこつ+魚介「ラーメン海鳴」福岡空港店
福岡空港の3Fには『ラーメン滑走路』という全国各地のラーメン店が集まったゾーンがあってスイートのお店が1店とラーメンのお店が9店入っている。どんなお店が入っているのか?と言えば、茶寮 伊藤園(東京)…お茶の専門店「伊藤園」が手...
ふわとろ「ワンタンメンの満月」ラーメン滑走路
さて今回は福岡空港の『ラーメン滑走路』のお店。今回は敢えて博多ラーメンではなくて、山形県は酒田市に本店を構えるお店。酒田ラーメンの有名店「ワンタンメンの満月」お店の名前は『ワンタンメンの満月』。創業は昭和35年の老舗ラーメン店本...
まさにすごい煮干ラーメン「ラーメン凪」福岡空港店
さて今回は福岡空港の『ラーメン滑走路』のお店。今回は東京は新宿から始まり海外にまで進出している『ラーメン凪』。「ラーメン凪」創業は2004年、新宿歌舞伎町ゴールデン街の4坪8席という小ぢんまりとしたスペースで、週に1度の間借り営業...

参考:福岡空港ラウンジ情報

徹底解説!福岡空港ダイアモンド・プレミアラウンジ
知っている限り、福岡空港ほど便利な空港はない。とにかく博多駅からだったら、地下鉄でたったの5分で着いてしまうという他の空港ではなかなかないようなアクセスの良さだからだ。なので九州出張となると、どうしてもここを入口と出口にすることが多く...

参考:福岡のホテル宿泊レポート

徹底解説!博多グリーンホテル1号館
今回は博多編。「博多グリーンホテル1号館」情報アレコレアクセス(◎)JR博多駅筑紫口からだったら、歩いて1分あまりで着いてしまうアクセスの良さ。※住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街4-4※TEL:092-451-4110周...
西鉄イン天神宿泊レポート
西鉄イン系列で今まで宿泊したことがあるのは『西鉄イン高知はりまや橋』↓と、大分の別府にある『西鉄リゾートイン別府』↓、あとは鹿児島の『ソラリア西鉄ホテル鹿児島』くらいか。今回は福岡天神にある『西鉄イン天神』に宿泊。「西鉄イン天...
ホテル ルートイン 博多駅前宿泊レポート
「ホテル ルートイン 博多駅前」宿泊今回の出張、宿泊先の1つが博多にある『ホテル ルート イン 博多駅前』だ。アクセス(○)JR博多駅博多口を出たら目の前に見えており、右側を2Fから行くと歩いてすぐのところにあり、非常にアクセスが...

参考:福岡で失敗しないおひとりさま

福岡で失敗しないおひとりさま「安兵衛」
今や『おでん』と言うとコンビニのそれを思い浮かべる方も多いかもしれない。かつては屋台や駄菓子屋や食堂の店先におでんの風景があった。ただ今ではそういったものはごく一部になってしまったようだ。そんな中でも、おでんを供する飲み屋は今でも健在...
福岡で失敗しないおひとりさま「独酌しずく」
店名に『独酌』という言葉が添えられているお店と言えば、北海道旭川の『独酌三四郎』と言う昭和21年創業の老舗がある。以前から1度は行きたいと思っていたがその機会は未だない。鯖料理で評判の春吉のお店「独酌しずく」そしてもう一軒、福岡の春...
福岡で失敗しないおひとりさま「大衆割烹ひかり」
『割烹』の『割』は包丁で切ること、『烹』は火を使って煮ることを意味していて、江戸後期に高級料理店などでこの言葉が使われるようになったらしい。その『割烹』に『大衆』を添えたお店がある。ある意味真逆の言葉だが、高級なお料理を出しますが大衆的...

参考:福岡で失敗しないバー情報

博多中州名物モスクワのラバ「Bar Higuchi」
例えばおでんを食べたいとなると、博多であれば西中州にある『安兵衛』に行く。メニューはほぼおでんだけなので長居はせず早めにお店を出ることになる。そうするともう一軒くらいは何処かに行きたくなるものだ。こんな時のもう一軒となればやはりバーだろ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました