佐世保で長崎ちゃんぽんと言えばココ!「香蘭」

佐世保「香蘭」

ちゃんぽんと言えば真っ先に長崎ちゃんぽんを思い出す方も多いだろう。今回はそんな長崎ちゃんぽんのお店。

長崎ちゃんぽんの歴史

さて、長崎ちゃんぽんはいつどこで誰が始めたのだろうか?

ちゃんぽんを考案したのは陳平順氏?

陳平順氏は中国の福建省で生まれ育った。働き口を探して長崎にやって来たのだそうだ。最初は反物の行商をしていたようだが、やがて中華料理のお店『四海樓』を開業する。

日本に渡ってきた中国人留学生たちの身元引受人を買って出た陳氏は、貧しい留学生に安くて栄養があるものを食べさせてやりたいと思いちゃんぽんを考案したというのが有名な説。

福建料理『湯肉絲麺』という、豚肉、椎茸、筍、ねぎなどを入れたあっさりした麺料理を濃い目のスープに豊富な具と独自のコシのある麺を日本風にアレンジしたようだ。

発祥や元祖の話にはつきものだが、ちゃんぽんも異説あり。『四海樓』より以前、明治初年には既に長崎人が丸山で支那うどんをちゃんぽんの名で売り出していたという説などがそうだ。

ちゃんぽんってなぜちゃんぽんって言うの?

語源にもやはり諸説ある。例えば、さまざまな物を混ぜることの意味の『攙(chān)』と、食物を油で炒め調味料を入れてすぐに火からおろし煮る料理法の意味の『烹(pēng)』とする説。

例えば、『異なるものを混ぜること』の語源として『鉦の音(ちゃん)』と『鼓の音(ぽん)』という擬音をくっつけたという説。

例えば、『吃过飯了嗎(ご飯を食べたか?)』の『吃飯』の発音『シャボン』がチャンポンに聞こえたという説などなどこちらも何が本当なのかはよくわからない。

佐世保の「香蘭」

そんなちゃんぽんの 『これはかなりイケる!』と思わず唸ったお店が佐世保にある。佐世保と言えば佐世保バーガーやレモンステーキが出てくるだろうがちゃんぽんの美味しいお店。

佐世保香蘭

「香蘭」があるのは「ろくてん通り」

佐世保香蘭

それがJR佐世保駅玄関口を出て右に歩いて行ったところにある高架下の『ろくてん通り』にある『香蘭』だ。

佐世保香蘭

昔は佐世保駅と国道を挟んだ向かいのバスロータリーまで地下街が通っていて、そこに10軒程度の飲食店や土産品店などが軒を連ねていたそうだ。

佐世保香蘭

その中の6店が再開発の際に立ち退いて集まったのが『ろくてん通り』の名前の由来。実際は通りと言うほどのものではなく高架下にある薄暗い一角。

佐世保香蘭

今ここにあるお店は、先ずちゃんぽんのお店が『香蘭』と『大善』2店と定食屋の『創作料理十八番』がある。

佐世保香蘭

更に『理容さかもと』、『エムアイライス』の5店。行った日は最初の3店しかやっていなかったが、あとの2店も営業を続けているのか?はちょっとわからず。

エムアイライス

以前『創作料理十八番』は1度行ったことがある。定食にはメイン・ごはん・味噌汁・小鉢・味噌汁が付いていて美味しくて安い。昔ながらの定食屋と言う感じでなかなか良かった。

佐世保香蘭

ちゃんぽんの『大善』も1度食べたことがあるが、好みとしては断然『香蘭』に軍配が上がる。ただこれはあくまでも好みの問題だから何とも言えない。

「香蘭」のちゃんぽんも皿うどんも本当に美味しい

佐世保「香蘭」

店の中は厨房に向かってのカウンターとそれとは背中合わせで外に向かうカウンターのみ。テーブル席とか座敷などはなくて、シンプルなつくりのお店だ。

ちゃんぽんの基本は野菜や魚介など十数種類の食材を炒め、鶏ガラと豚骨ベースのスープで味を調え、特製太麺を入れ煮立てれば出来上がり。

その作り方や具材に決まりは特にないようだが、その分お店や家庭の色々な味がある。ここ『香蘭』では安心・安定・美味しいが揃った、ちゃんぽんが食べられる。

ちなみに先日初めてここで『皿うどん』を食べた。何しろ二日連続で伺ったので二回目は違うものをとなったのだ。

それでこの『皿うどん』、こちらも『ちゃんぽん』同様に抜群に美味しかった。どちらか選べとなると『ちゃんぽん』になるが、それでもこちらも相当美味しい。お試しあれ。

佐世保香蘭

メニューは至ってシンプル。壁に掛けられている札には…

  • 長崎ちゃんぽん
  • 長崎ちゃんぽん玉子入り
  • 長崎ちゃんぽん大盛り
  • 長崎ちゃんぽん(セット)
  • 皿うどん
  • 皿うどん大盛り
  • 焼き飯
  • ビール

以上。

佐世保香蘭

以前はビーフカレーもあったみたいだが今はもうやっていないようだ。多分裏返しにしてある札がそうなんだろう。

スープは全部飲み干したくなる美味しさで、旨味豊かでコクがあって、それでいてあっさりまろやかな味。

このスープは創業以来半世紀、毎日継ぎ足し守り続けてきた自家製スープに名産九十九島産カキを使用しまろやかに仕上げたもの。

野菜もしゃきしゃきしていて、太めの麺もちょうど良い感じ。時期によっては小ぶりの九十九島産カキが入っているのが嬉しい。

ちゃんぽんはそんなにあちこちで食べているわけではないが、ここのちゃんぽんは本当に美味しいと思う。佐世保に行かれたら是非食べてほしいちゃんぽんだ。

「香蘭」アクセス・営業時間などなど

最後に「香蘭」の基本情報。

住所:長崎県佐世保市三浦町21-29

電話:0956-24-5803

営業時間:10:00〜20:45

     不定休

その他:完全禁煙

香蘭ちゃんぽん / 佐世保駅佐世保中央駅
昼総合点★★★★ 4.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る