札幌の老舗バーといえばやはりココ「バーやまざき」

札幌「バーやまざき」

出張で何処か地方に行った際に、居酒屋は当然行くことになるが、どこに行ってもその土地の古いバーを訪ねることがある。

別にカクテルやウイスキーに詳しいわけではないが、何となく〆でラーメンならぬ、〆でバーというスタイルが時々あるのだ。

札幌「バーやまざき」

札幌「バーやまざき」

札幌で行ったことがあるのは実は今のところ僅かに1店舗のみなのだ。それが札幌はすすきのにある『バーやまざき』。

今年で還暦のバー

オープンしたのは1958年、昭和33年のこと。

今年で還暦を迎える老舗バーだ。大正9年生まれの店主の名前は東京は小石川の生まれ、何の関係もないが、山下達郎とは一文字違いの山崎達郎さんだった。

だったと過去形なのは2016年11月に96歳で亡くなったからだ。

最後まで現役だった伝説のバーテンダー…。まだ存命中に行っているが、いつも居るわけではなく、残念ながらその姿を見ることは出来なかった。

アクセス・外観

札幌「バーやまざき」

札幌市営地下鉄南北線『すすきの駅』1番出口から100mくらいのところにある。ラーメン屋『すみれ札幌すすきの店』が2Fにあるビルの隣と言うとわかりやすいかもしれない。

入っているのは『克美ビル』で4Fまでエレベーターで上がると店がある。赤レンガの壁に丸い照明看板。

オレンジに白抜きで『やまざき/BAR YAMAZAKI』、その内側には白地に横顔のシルエット。マホガニーの珍しい自動ドアの奥に広がる店内は想像していたよりも広い印象。

店内

札幌「バーやまざき」

入って右手にはボックス席で、壁には素晴らしいゴブラン織のしつらえ。左手にはかなり長い一枚板のカウンター、奥のチーク材の棚には当然ながらスゴイ数のお酒。

オーセンティックバーにしては明るい店内、味のある素敵なランプが店内をちょうど良い明るさにしている。

真空管アンプなんだろう、絶妙な音量でジャズが店内に流れている。意外にこの音の大きさってやつは大事だ。

聞こえ過ぎてもダメだし、何の曲かわからないほどでもダメだ。まあこういうのは人それぞれの好みかもしれないが。

札幌「バーやまざき」

いずれにしても、まさに老舗らしく素晴らしい雰囲気ではあるが、決して堅苦しい感じではなく随分とカジュアルな印象を受ける。

まあそれを良しとする方と、少し違うかなと思う方が居るかもしれない。そうやって自分の好みの場所を見つければ良い。

バーテンダーは皆赤いチェックのベスト。意外に若い人達なのだが、その腕前と接客態度はなかなかな素晴らしい。

老舗のオーセンティックバーでありながら、案外親しみやすくて気軽に楽しめる雰囲気。そして言うまでもなく居心地はとても良いに決まっている。

メニュー

札幌「バーやまざき」

ここに来たらやはりここのオリジナルカクテル、人気の『サッポロ』は呑んでおきたい。もう40年近く前にジュネーブの国際カクテルコンクールで特別賞を受賞したものだ。

アマレット・ディ・サロンノ、ウォッカをベースに、ドライベルモット、シャルトリューズヴェールを加え、最後にグリーンチェリーを飾る。

甘口のカクテルがおイヤでなければ是非どうぞ。ボクはカクテル自体飲むようになったのは最近のことなので、ここではこれは飲んでいない。

ところで、

良いバーはうまいオムレツとサンドイッチを出すものなんだ

というフレーズがあった。

村上春樹の小説、『鼠三部作』と言われている中の三番目の作品、『羊をめぐる冒険』に出てくるフレーズだ。

読んで以来、いつかはバーでうまいオムレツとサンドイッチを食べたいと思うのだが、残念ながらバーで食事をすることは今のところない。何しろ『〆』で使うからだ。

このお店には、果たしてオムレツとサンドイッチがあるのかどうなのか?はわからない。ただ、他の席の方が食べていた料理は気になった。

何かゆでたまごをルイベみたいにしてスライスしてわさび醤油で食べている方が居て、それが何だか美味しそうで、未だにちょっと気になったが、結局食べないまま今日に至っている。

まとめ

ボクがこれまでに言ったバーの数なんて居酒屋とは違って、その数はたかが知れている。それでもここは良いなと思えたお店。

基本的に、居酒屋は『居心地が良いかどうか?』が大事なのは当たり前なのだが、結局のところ、バーもやはり同じなのである。

札幌「バーやまざき」

最後に「バーやまざき」基本情報。

住所: 北海道札幌市中央区南3条西3丁目

電話:011-221-7363

営業時間:18:00~00:00

     日休

その他:全面喫煙可

    カード可

    サービス料10%

    チャージ料1,000円

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

バーやまざきバー / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)狸小路駅
夜総合点★★★★ 4.0

参考:札幌で失敗しないおひとりさま

失敗しない札幌「開陽亭すすきの南5条2号店」
おひとりさま向けのお店ではないが、札幌に『開陽亭すすきの南5条2号店』というお店がある。今回はこのお店。札幌「開陽亭すすきの南5条2号店」この『開陽亭』の店舗は他にもすすきの本店、すすきのレストランプラザ店、すすきの南7条4号店、函館...
札幌で失敗しないおひとりさま「魚菜」
北の大地北海道の札幌にはあたりまえだが美味しいお店が沢山ある。あり過ぎるからどこに行って良いのか迷ってしまう。一人なら尚更だ。心地良く過ごせるお店は限られてくる。新しく開拓しようと思っても住んでいるわけでもないし、いつも訪れるわけでも...
札幌で失敗しないおひとりさま「魚菜」
北の大地北海道の札幌にはあたりまえだが美味しいお店が沢山ある。あり過ぎるからどこに行って良いのか迷ってしまう。一人なら尚更だ。心地良く過ごせるお店は限られてくる。新しく開拓しようと思っても住んでいるわけでもないし、いつも訪れるわけでも...

参考:札幌その他グルメ情報

また来年!さっぽろ大通り公園ビアガーデン
札幌大通り公園には毎年ビアガーデンが出現する。今年は既に終了してしまったが、先日行ってみたので一応MEMO。さっぽろ大通り公園ビアガーデン会場には約13,000席が用意され、その規模は国内最大級。大通公園の5~8、10~11丁目までが...
濃厚スッキリクリーム「COOL GARDEN」
登別といえば温泉が全国的に有名なところだが、そこはやはり北海道、酪農も盛んでトップレベルを誇る生乳の産地なのだ。そんな登別市に『のぼりべつ酪農館』という乳製品をつくっているところがある。工場は小中学校の跡地『札内高原館』の中にあって、要...
札幌中央卸売市場なら「定食めし屋」
札幌市が運営する札幌の台所、『札幌中央卸売市場』。海産物を販売する棟と野菜や果物を販売する棟を中心に、場外には約60店舗の店が軒を連ねている。札幌中央卸売市場「定食めし屋」そんな中の1軒が、朝から絶品海鮮丼が食べられるお店、『定食め...
札幌で塩ジンギスカンと言えばココ!「八仙」
さて、今回は正確には居酒屋ろは全く言えない。でもお酒が飲めて美味しい料理が食べられて、居心地が良ければそれはある意味ボクにとっては居酒屋なのだ。札幌「八仙」札幌の狸小路の『魚菜』があるビルは『三松ビル』。それにニューを付けた『ニュー三...
背脂!「らーめん潤」札幌ら~めん共和国店
今回は『札幌ら~めん共和国』の中の1軒。 札幌ら~めん共和国 『札幌ら~めん共和国』はJR札幌駅前の商業施設『エスタ』10階レストラン街にH16年にオープンした北海道ラーメンのフードテーマパーク。 直通エレベーターで行くの...

参考:新千歳空港情報

徹底解説!新千歳ダイアモンド・プレミアラウンジ
新千歳空港はお土産を買ったり食事をしたり温泉に入ったりと何かと時間が足りなくなる方も多いと思うが、ここにもちゃんとダイアモンド・プレミアラウンジがある。 ⇓ その他『ラウンジ徹底解説』はこちら! 新千歳空港ダ...
空港に温泉!「新千歳空港温泉」
北海道の新千歳空港には温泉がある。名前はそのまま『新千歳空港温泉』だ。 新千歳空港温泉 場所は当然空港内、国内線ターミナルビルの4Fまで行くと立派な構えの入口があるので、そこを入っていく。 飛行機に乗る前にちょっとひと風呂...

Comment

タイトルとURLをコピーしました