大阪で失敗しないおひとりさま「寧」

大阪「寧」

『寧』と言う字は、元々『寍』と書いて『心が落ち着く様子』を表現しているのだそうだ。

大阪「寧」

これに神様へのお供えに使う台『示』を省略した『丁』を組み合わせて『安らか』の意味で使われるようになった。

そんな一文字『寧』を屋号にしているお店が、大阪は天満橋にほど近い坂道の途中にある。

大阪「寧」

建物の中に入ってもすぐには店内とはならず、左手の廊下を行くとそこに扉がある。そんな僅かの短い空間でも期待感が膨らむと言うものだ。

大阪「寧」

木の扉を開けて中に入ると、左手には様々な陶芸が飾られている。そして右手にはカウンターが伸びている。すっきりとしたシンプルなつくりだ。

大阪「寧」

ここはいわゆる大衆酒場っぽい感じはなく、あくまでも和モダンの洒落た雰囲気になっている。

大阪「寧」

男一人でも女性と2人でもちょうど良い。女性といかにも大衆酒場と言うのも悪くはないが、たまにはこういう雰囲気も良いだろう。

メニュー

大阪「寧」

箸置きが可愛い富士山。何て言うことはないがこの店の雰囲気に何となく合っている。生ビールはジョッキではなくグラスで出てくるのも同じこと。

大阪「寧」

ここのお通しが良い。こんなのが出てくると一気に期待感が上がる。

コースもあるようだがもちろん単品でも頼むことが出来る。

6つの味が楽しめる『前菜盛合わせ』。先ず見た目が良い。色々な味が楽しめる。そしてとても美味しい。見た目だけで味は…と言うことにはならない。

大阪「寧」

カウンターの向こうにある冷蔵庫には日本酒がびっしりと入っている。その上には焼酎も並べられている。どちらにしても選択肢は色々あるので楽しい。

大阪「寧」

通年扱えるものばかりではなく、その時期毎のものが揃っているところが良い。例えば夏なら但馬の酒『香住鶴 生酛 吟醸純米 夏酒』と言った具合だ。

面白いメニューがある。三種類の地酒とそれに合う肴三種をセットで出してくれる『三酒三菜』がそれだ。

高知県西岡酒造の『久礼 超辛口 特別純米 生原酒 花河童』、神奈川県大矢孝酒造の『残草蓬莱 特別純米 出羽燦々60 槽場直詰生原酒』、

三重県タカハシ酒造の『天遊琳 手造り純米酒 夏純』。

大阪「寧」

それぞれに合う肴とお酒が入った御猪口が1つの更に乗せられて出てくるのだが、その見た目もなかなか良いのだ。

大阪「寧」

『うにとアボガドのわさび醤油掛け』は想像以上に美味しい。

料理名通り、うにとアボガドとわさび醤油が合わさるとこんな風に美味しくなるものなのかと感心してしまう。そして美味しいからまたお酒を注文することに。

大阪「寧」

合わせるのは山形県米鶴酒造の『米鶴 超辛純米』。

そして『万願寺唐辛子の肉詰め』。

そのまま、万願寺唐辛子に肉を詰めたものだが、これもやはり美味しい。そして美味しければ更にまた違うお酒を頼んでしまう。

合わせるのは山形県米鶴酒造の『米鶴 超辛純米』。

メニューに『うなぎのサンドウィッチ』と言うのがあった。

結局頼まなかったが、次回のお楽しみになる気になるメニューだった。他にも惹かれるものが結構あってまた来てみたくなるお店だ。

まとめ

たまには小綺麗な場所で飲みたいとなったらここは結構お勧めだ。美味しい料理と様々なお酒が楽しめる。

まさに、店名の『寧』のようにとても安らかな気持ちになれる、心落ち着く素敵なお店なのである。

「寧」基本情報

最後に「寧」の基本情報。

TEL:06-7174-3058

住所:大阪府大阪市中央区石町2丁目1−7 天満橋グリーンコーポラス 001

営業時間: 17:00~24:00(L.O 23:00)

     月曜休

その他:カード可

    完全禁煙 (お店前に灰皿あり)

    予約可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

懐石・会席料理 / 天満橋駅北浜駅谷町四丁目駅
夜総合点★★★★ 4.0

大阪で失敗しないおひとりさま関連記事

大阪で失敗しないおひとりさま「スタンドアサヒ」
駅近くにある四天王寺の略称にその名を由来する天王寺駅から和歌山までを結ぶJR西日本阪和線で2つ目に『南田辺』という駅がある。行ってみればわかるが、住んでいるならともかく、そうでなければ、ここで電車をわざわざ降りることなど普通はないだろ...
大阪で失敗しないおひとりさま「明治屋」
消える酒場・残る酒場。消える世の中には消えて無くなってしまう酒場がある。例えば以前紹介した盛岡の『とらや』がそうだ。何回か伺っていたお店にもう行けなくなるというのは随分と寂しいものだ。特に気に入っていたなら尚更だ。事情は色々な...
大阪で失敗しないおひとりさま「酒肆 門」
さて、今回は大阪から。大阪「酒肆 門」このお店の屋号、『門』の前に付いている『酒肆』と言う言葉はご存じだろうか?酒肆『酒肆』とは、酒を売る店とか酒を飲ませる店という意味。『続日本書紀』の天平宝字5年(761)...
大阪で失敗しないおひとりさま「北龍」
お初天神裏、以前紹介した『酒肆 門』のすぐ近くにある。大阪「北龍」歩いて本当に目と鼻の先にあるのだ。外観・店内細い路地を歩いているといかにも良さそうだぞというお店に出会うことがある...

参考:大阪のバー

大阪でハイボールはココで呑みたい「北サンボア」
今回は以前紹介した、大阪の『酒肆 門』や『北龍』からほど近いところにある一軒の古いバーだ。大阪「北サンボア」創業は1930年。戦後の焼け跡に闇市がひしめいていた『お初天神』近くの、現在店舗がある場所に1946年移...

参考大阪のホテル宿泊レポート

徹底解説!大阪アリエッタホテル
今回は大阪。先日の大雨の時に宿泊したところ。『大阪アリエッタホテル』。「大阪アリエッタホテル」情報アレコレアクセス(〇)地下鉄御堂筋線『本町』駅からだったら1番・3番出口を出て徒歩3分ほど、地下鉄堺筋線『堺筋本町』駅からなら17番...
徹底解説!「ヴィアーレ大阪」
今回は大阪。本町通りの裏手、↓以前宿泊した『大阪アリエッタホテル』の向かい側。ホテル名は『ヴィアーレ大阪』。「ヴィアーレ大阪」情報アレコレアクセス(〇)地下鉄御堂筋線『本町』駅からだったら1番・3番出口を出て徒歩3分ほど、地下...
「ヴィアイン新大阪」宿泊レポート
今回は大阪の『ヴィアイン新大阪』。「ヴィアイン新大阪」情報アレコレアクセス(○)JR新大阪駅東口より徒歩2,3分の近さは魅力的。夜遅く到着しても途中にコンビニもあるし近くて便利な場所にある。西口から徒歩5分ほどのところに同じヴィア...

参考:大阪空港ラウンジ情報

徹底解説!伊丹空港JALダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)
伊丹空港は正式には大阪国際空港。ただいま開港以来49年ぶりの全面リニューアルの工事をしている真っ最中だ。伊丹空港は工事中工事はもう少し続きそうで、2020年夏くらいまでを予定しているらしい。やはりオリンピックに向けてという感じなのだろ...

Comment

タイトルとURLをコピーしました