徹底解説!伊丹空港JALダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

伊丹空港は正式には大阪国際空港。ただいま開港以来49年ぶりの全面リニューアルの工事をしている真っ最中だ。

伊丹空港は工事中

工事はもう少し続きそうで、2020年夏くらいまでを予定しているらしい。やはりオリンピックに向けてという感じなのだろう。

確かに以前に比べると段々とあちこちキレイになりつつある。福岡空港もそうだが、変化していくのを見ているのはなかなか楽しいものだ。

伊丹空港のJALラウンジも工事中

そんな中、この伊丹空港のダイヤモンド・プレミアラウンジとサクララウンジも全面リニューアルの為に現在は改修工事中。こちらのオープンは2019年春頃の予定。

では、現在ラウンジはないのか?というとそういうわけでもない。今はダイヤモンド・プレミアラウンジがサクララウンジに移設し運営されている。

伊丹空港リフレッシュラウンジ

そしてサクララウンジは?というと、通路を観葉植物で仕切ってスペースをつくったリフレッシュラウンジが用意されている。

こちらはそとが見えるのである意味解放感はこちらの方があるかもしれない。サービスはビールやソフトドリンクが缶やペットボトルになっている程度っぽい。

伊丹空港JALダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

 

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

それで仮のダイヤモンド・プレミアラウンジは今どんな感じなのか?

まだサクララウンジに移設される前に1度行ったことがあるが、確か結構狭かった記憶がある。今の移行したサクララウンジスペースは人が少なかったからもしれないが広く感じた。

ラウンジ内

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

自動ドアを抜けると受付があるのでICカードをかざして中に入る。カウンター席とソファ席が基本でいくつかのエリアに分かれている。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

他のリニューアルされている、いわゆる『日本のたたずまい』をデザインコンセプトにした雰囲気とは随分と違って、それはそれで悪くないがやはり少しばかり古い印象ではある。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

以前のサクララウンジには行ったことはないが、多分そんなに変わっていないのかもしれないと思うのだがどうなんだろう?

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

ただ、当然ながらサクララウンジは食べ物は提供していないので、そのあたりは違うはずだ。とは言っても飲み物があるコーナーに食べ物を加えただけなのかもしれない。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

そうなると、スペースが少しばかり足りなくなったみたいで、追加されたと思われるスペースもあった。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

内容としては他のダイヤモンド・プレミアラウンジとさほど変わらない。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

食事は、先ずおにぎりが二種類に味噌汁。但し、味噌汁はよそうのではなく、紙コップを置いてボタンを押すと出てくるタイプ。紙コップというのは少しばかり残念な感じだ。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

ただおにぎりの横にはチョコナッツクッキーがあった。これは他では見たことがないのでちょっと新鮮。もちろんパンも普通にある。

伊丹空港ダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)

コーヒーメーカーやソフトドリンクのサーバーも当然ある。ビールは4種類でプレミアムモルツ、ヱビス、ドライプレミアム豊穣、一番搾りプレミアム。ウイスキーは知多が。

まとめ

混んでいないときは充分快適に過ごせるし、ある意味リニューアルされたラウンジは似たり寄ったりだから、却ってこの感じが新鮮に映るかもしれない。

そうは言っても、やはり新しく生まれ変わる方が良いに決まっている。何せ今は外が全く見えない空間。新しくなった時はちゃんと滑走路に面して窓があるようだ。

それに煮たり寄ったりと言えども、どこの空港なのか?がわかるものが色々置かれているのはやはり良い。

というわけで、決して寛げないとか、サービスがいまいちだとか言うことはないのだが、やはり早くリニューアルしてほしいと願うばかりである。

伊丹空港JALダイアモンド・プレミアラウンジ(仮)基本情報

最後に『伊丹空港JALダイアモンド・プレミアラウンジ』の基本情報。

住所:大阪府豊中市螢池西町3丁目555

TEL:06-6344-2355

営業時間:6:10~21:00

 

参考:大阪ホテルの宿泊レポート

徹底解説!大阪アリエッタホテル
今回は大阪。先日の大雨の時に宿泊したところ。『大阪アリエッタホテル』。「大阪アリエッタホテル」情報アレコレアクセス(〇)地下鉄御堂筋線『本町』駅からだったら1番・3番出口を出て徒歩3分ほど、地下鉄堺筋線『堺筋本町』駅からなら17番...
徹底解説!「ヴィアーレ大阪」
今回は大阪。本町通りの裏手、↓以前宿泊した『大阪アリエッタホテル』の向かい側。ホテル名は『ヴィアーレ大阪』。「ヴィアーレ大阪」情報アレコレアクセス(〇)地下鉄御堂筋線『本町』駅からだったら1番・3番出口を出て徒歩3分ほど、地下...
「ヴィアイン新大阪」宿泊レポート
今回は大阪の『ヴィアイン新大阪』。「ヴィアイン新大阪」情報アレコレアクセス(○)JR新大阪駅東口より徒歩2,3分の近さは魅力的。夜遅く到着しても途中にコンビニもあるし近くて便利な場所にある。西口から徒歩5分ほどのところに同じヴィア...

参考:大阪で失敗しないおひとりさま

大阪で失敗しないおひとりさま「明治屋」
消える酒場・残る酒場。消える世の中には消えて無くなってしまう酒場がある。例えば以前紹介した盛岡の『とらや』がそうだ。何回か伺っていたお店にもう行けなくなるというのは随分と寂しいものだ。特に気に入っていたなら尚更だ。事情は色々な...
大阪で失敗しないおひとりさま「スタンドアサヒ」
駅近くにある四天王寺の略称にその名を由来する天王寺駅から和歌山までを結ぶJR西日本阪和線で2つ目に『南田辺』という駅がある。行ってみればわかるが、住んでいるならともかく、そうでなければ、ここで電車をわざわざ降りることなど普通はないだろ...
大阪で失敗しないおひとりさま「酒肆 門」
さて、今回は大阪から。大阪「酒肆 門」このお店の屋号、『門』の前に付いている『酒肆』と言う言葉はご存じだろうか?酒肆『酒肆』とは、酒を売る店とか酒を飲ませる店という意味。『続日本書紀』の天平宝字5年(761)...
大阪で失敗しないおひとりさま「北龍」
お初天神裏、以前紹介した『酒肆 門』のすぐ近くにある。大阪「北龍」歩いて本当に目と鼻の先にあるのだ。外観・店内細い路地を歩いているといかにも良さそうだぞというお店に出会うことがある...
大阪で失敗しないおひとりさま「寧」
『寧』と言う字は、元々『寍』と書いて『心が落ち着く様子』を表現しているのだそうだ。大阪「寧」これに神様へのお供えに使う台『示』を省略した『丁』を組み合わせて『安らか』の意味で使われるようになった。そ...

参考:大阪のバー

大阪でハイボールはココで呑みたい「北サンボア」
今回は以前紹介した、大阪の『酒肆 門』や『北龍』からほど近いところにある一軒の古いバーだ。大阪「北サンボア」創業は1930年。戦後の焼け跡に闇市がひしめいていた『お初天神』近くの、現在店舗がある場所に1946年移...

Comment

タイトルとURLをコピーしました