とろサーモン・温水さん・宮崎ブーゲンビリア空港

宮崎ブーゲンビリア空港

先日『宮崎ブーゲンビリア空港』を久しぶりに利用したのだが、その際に2つばかり新たな発見があったので。

宮崎ブーゲンビリア空港と温水さん

宮崎ブーゲンビリア空港

宮崎ブーゲンビリア空港と言えば、宮崎県都城市出身の俳優である温水洋一さんと一緒に座れる『ひなたぬくぬくベンチ』なのだが、それにあらたな仲間が加わっていた。

宮崎ブーゲンビリア空港ととろサーモン

宮崎ブーゲンビリア空港

2017年M1グランプリ王者と言えば、村田秀亮・久保田和靖がコンビを組む『とろサーモン』だが、この二人の銅像っぽいものが空港内に温水さんと共に飾ってあったのだ。

銅像っぽく見えるが、実際には銅像ではなく、FRP(繊維強化プラスチック)製らしく、元々東京の新宿みやざき館『KONNE』に置かれていたものらしい。

それが期間限定で宮崎市のみやざき物産館『KONNE』に里帰りしていたのを、これまた期間限定で空港に移動させたらしい。

これは空港で開かれた『空の日イベント』に合わせたもので、確か11/4までの限定でまた物産館の方に移動しているはずだ。

温水さんととろサーモンの3ショット

宮崎ブーゲンビリア空港

さて、温水さんはもう何回も見て見慣れているのだが、このとろサーモンは初めて。ベンチに座りブーゲンビリアの花が入っている湯呑を持って正面を向いている姿は結構目立っていた。

ちょうど温水さんの隣に置かれており、その3ショットはなかなか面白い光景だった。もしも期間限定なら結構レアな3ショットなのかもしれない。

ラウンジ『大淀』はリニューアル工事中

『宮崎ブーゲンビリア空港』

さて、もう1つ。ちょうど空港を利用した時は、JALとANAの共同ラウンジ『大淀』が工事中だった。11/15がリニューアルオープン予定で今現在は工事中。

ラウンジが使えない代わりに、利用対象者には何と1,000円の飲食券が渡される。頂いたのはラウンジのあるあたり、保安検査後だったが、通過前にももらえたのだろうか?

『宮崎ブーゲンビリア空港』

通過後よりは通過前の方が使える所が多くなるわけで、でもまあ食事でなくても、何かお店で購入するのでも良いとのことだったので、冷や汁の元みたいなものなどお土産を購入。

『宮崎ブーゲンビリア空港』

得したような気分にはなれたが、出来ることならラウンジがリニューアルされていてのんびり過ごせた方が良かったという気もしている。

まとめ

というわけで長期間限定の『宮崎ブーゲンビリア空港』話題。こんなこともあったなの記録としてここにアップしておく。

宮崎ブーゲンビリア空港関連記事

徹底解説!宮崎ブーゲンビリア空港ラウンジ
宮崎空港の愛称は南国らしく『宮崎ブーゲンビリア空港』。市の中心部からの距離は約5kmということで非常に近いのが便利なところ。空港から電車だと10~26分と随分と差はあるもののそれでJR宮崎駅に到着する。バスの本数も多くこちらも30分も掛...
新しくなった「ラウンジ大淀」
前回、この宮崎ブーゲンビリア空港を使った際は、ちょうどラウンジがリニューアル工事中だった↓が、無事に工事も終わり既にオープンしていた。「ラウンジ大淀」このラウンジは 珍しいことにANAとJALの共用ラウンジで、 国...

参考:宮崎のホテル宿泊レポート

ホテルJALシティ宮崎宿泊レポート
今回は宮崎編、15周年を迎えた『ホテルJALシティ宮崎』。「ホテルJALシティ宮崎」情報アレコレアクセス(△)JR宮崎駅西口から歩くとなるとおおよそ10分ちょっとかかる。宮崎空港からはバスなら『カリーノ宮崎』で降りて2,3分。タク...
徹底解説!日向の湯ドーミーイン宮崎
今回は宮崎の『天然温泉日向の湯 ドーミーイン宮崎』。「日向の湯ドーミーイン宮崎」情報アレコレアクセス(△)JR宮崎駅から歩くと15分くらい。途中で『粋仙』新しいお店に寄って行くと15分は分けられるのでさほど気にはならない。宮崎空港...

参考:宮崎で失敗しないおひとりさま

失敗しない宮崎「丸万焼鳥本店」
宮崎グルメといえば、あの『地鶏の炭火焼き』を思い浮かべる方も多いだろう。炭火に鶏の脂を入れてファイアー、その中で塩をかけた刺身でも食べられる新鮮な鶏もも肉を、一気に燻し焼きレアな状態で食べるというもの。宮崎では古くから続く料理法で、鶏...
宮崎で失敗しないおひとりさま「粋仙」(移転前)
宮崎と言えば、やはり『地鶏の炭火焼き』や『地鶏の刺身』は外せない。そしてお酒はやはり焼酎で、その出荷量は2015~2017年まで三年連続日本一を誇る焼酎王国でもある。そんな両方を完全網羅してくれている素晴らしいお店がある。それが『粋仙』...
生まれ変わった宮崎の「粋仙」
JR宮崎駅から歩いて数分の高架下にお店を構えていた名店、『粋仙』がいつの間にか移転していたことを知ったのはつい最近ことだ。宮崎「粋仙」移転後のお店に行ってみた新しくなったお店にも1度早く行かねばと思っていたところ、ちょうど宮崎出張が叶...
宮崎で失敗しないおひとりさま「天一」
宮崎で良く訪れるお店と言えば『粋仙』となるのだが、今回の宿泊先が繁華街であるニシタチの方だったので、たまには違うお店へ行くことに。そうなるとここに行きたい!お店は『とりとみ』となるのだが、生憎宮崎に入ったのが火曜日。火曜日はこのお店はお...
宮崎で失敗しないおひとりさま「とりとみ」
何度か伺おうとしてもお休みだったり満席で入れなかったりと、縁がないのかなというお店があったりするものだ。ただそういうお店に限って、『どうせ今日もダメだろう』と言う感じで電話をすると意外にアッサリと大丈夫なことが多かったりもする。宮崎「...

参考:宮崎で失敗しないバー情報

宮崎で失敗しないおひとりさま「続人間」
九州の県庁所在地の中で最も電車で行きにくいかもしれない宮崎。その宮崎最大の繁華街と言えばやはり『ニシタチ』だ。宮崎市内の飲み屋はこのニシタチに集中している。宮崎最大の繁華街「ニシタチ」ここの歴史は古く、昭和30年に旧国鉄の寮跡地が払い...
ボガードに見られながら過ごす宮崎「蚤の市」
時々バーに行くことがあるのだが、それは出張先がどこかで随分とその頻度は違ってくる。多分今のところ1番数が多いのは宮崎になる。何故か?を考えてみると、どのバーも宿泊先に近いニシタチにあるからだろう。一軒目に何処かに行った後につい立ち寄って...
宮崎「洋酒天国」への階段・「洋酒天国」の扉
宮崎の繁華街、ニシタチには当たり前だがいくつものバーが軒を連ねている。まだ出来て間もないものから、随分と昔からのお店もある。例えば『続人間』などはもうずいぶん昔からのものだ。宮崎「洋酒天国」そのニシタチに、と言うか、宮崎県内に最...
宮崎における最古のバーと言えば「赤煉瓦」
さて今回は宮崎で唯一行っておいて未だ書いていなかったバーだ。これまで『続人間』や、『洋酒天国』、そして『蚤の市』と書いてきて、このまま書かないのも何なので『赤煉瓦』となる。宮崎「赤煉瓦」もう何度か出てきているが、宮崎最古のバーと言...

コメント

タイトルとURLをコピーしました