大分空港カードラウンジ「くにさき」に行ってみた

大分空港

大分空港である。

アクセス

大分市内から大分空港までは結構距離がある。タクシーで行けば15,000円くらいは掛かるだろう。

なのでバスが便利『空港特急バスエアライナー』で60分、1,550円だ。別府までなら45分、1,500円なり。

足湯のある空港

大分県と言えば『温泉県』であるが、何と空港に足湯があるのだ。源泉掛け流しの足湯で無料なのである。

1階到着ロビーの端っこにあって、14席ある檜風呂。足湯なのだが簡易更衣室がある。靴下やストッキングをはいたままでも入浴できるビニールソックスも準備されている。


他にも足拭き用のタオルが税込み300円で販売されている。さすが温泉県だけのことはある。

そう言えば鹿児島空港にも『天然温泉足湯おやっとさぁ』と言うのががあった。大分は建物の中だけど鹿児島は外にある。

鹿児島空港にある3つのラウンジの1つ、JALサクララウンジ。今年3月、「日本のたたずまい」をコンセプトにリニューアルされた非常に快適で居心地が良く寛げるラウンジの詳細。

ラーメン味噌亭

空港にはビューレストラン『スカイライン』や和風レストラン『なゝ瀬』、すし処『宙』、『sky cafe azul』、そしてラーメン『味噌亭』がある。

味噌亭では『ネギ味噌ラーメン』を食べた。

まあ普通に食べられると言った感じで、大きくは外れないが、これは旨い!とまではいかない。

木のぬくもりのビジネスコーナー

電源のある仕切られたデスクがあるのだが、これがなかなか良い。

木製の椅子とデスクと電源は木のぬくもりがあるもの。

数は少ないので空いていないこともあるが、空いていたらここでPCが広げられる。仕事をするには悪くない環境だ。

空港ラウンジ「くにさき」

ただ、カードラウンジ『くにさき』も悪くない。無料で利用出来るカードがあればこちらも良い感じだ。

もちろん、大人1,080円/2時間(超過540円/時間)払えば無料利用出来るカードがなくても使える。3歳以上12歳未満はそれぞれ半額。

ちなみに残念ながらJALのラウンジは存在していないのだが、このラウンジは国内線ターミナルビル2階搭乗待合室内 (保安検査通過後)なのでありがたい。

コンセプトは『大分の豊かな森』。真ん中にある大きな木がラウンジ内を覆っていると言うイメージがステキだ。

その真ん中の木の幹のイメージの所は周りがテーブルになっていて8人が座れる。パソコン・モバイル用電源と有線LAN差込み口が8席分ちゃんとある。

普通席は26席ほどなのでさほど広くはないが快適な空間である。

コーヒーや紅茶等16種類のソフトドリンクがあってもちろん無料。アルコール類はキリン・アサヒ・サッポロの缶ビールがあって各250円。新聞や雑誌もある。

コピーは白黒1枚10円、カラーは1枚50円。ファックスは送信のみ1枚100円。

まとめ

JALラウンジがないのは残念なところだが、ビジネスコーナーもあるしカードラウンジもある。足湯はまさに大分県の空港ならでは。悪くない空港である。

基本情報

最後に『大分空港』の基本情報。

住所:〒873-0231 大分県国東市安岐町下原13

電話:0978-67-1174

参考:大分で失敗しないおひとりさま関連記事

いかにも昔から地元で愛されている居酒屋と言った雰囲気は評価が分かれ易いかもしれないが、おひとりさまでこういった地元感溢れるお店にたまに行くのは悪くないと思う。
https://izakayahopping.com/oita-kamifusen/(新しいタブで開く)

参考:大分ホテル情報

大分のダイワロイネットホテルも他のダイワロイネットホテルと同じく非常に便利で清潔で快適に過ごせる。まさにビジネスで泊まるのだったら安定・安心のホテルだ。
ホテル日航大分オアシスタワー宿泊レポート。総じて出張ならもう充分なホテル。気持ち良く快適に過ごせる。いつもこれくらいのところに宿泊出来ると良いなと思えるレベルであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る