現在店舗移転準備中?高崎「天流水舎」

高崎「天流水舎」

以前に伺ったお店の写真があったので書こうと思ったのだが、もしかしたらもう閉店してしまったかもしれないな、と調べてみると案の定食べログで『掲載保留』になっていた。

そこからHPに飛べるのだが、そこには、

現在店舗移転準備中です。
今秋ごろの予定ですので、いいご報告ができるまでしばらくお待ちください。 

大変お手数ですが、
下記お電話番号までお問い合わせください。 

【店舗情報】
天流水舎

群馬県高崎市宮元町226 Tスカイビル1F
080-7741-9228

とだけ出ていた。果たしてこの『今秋』が今年のものなのか、以前のもので未だに移転開店していないのか?はこれだけでは不明。

なのでもう少し調べると、どうやらそろそろ富岡市の方に宿泊施設併設の建物で営業再開をすることになるようだ。これは嬉しいニュースだ。

ちなみに以前のお店が閉店したのは不動産トラブルで半ば追い出されてしまったらしい。裁判沙汰になったので2年も月日が流れてしまった模様。

それでも『出張天流水舎』と言うことで、『四季を楽しむ日本酒の会』なるものを開いたこともあるようだ。

4月27日土曜日の19:00〜22:00 には高崎のフリースペース『ヒトハコ』でその第二回も開かれるらしい。

ともあれ再開の目途が立ったのは良かった。ただ以前のお店がかなり素晴らしかったので、もうそこにはないお店ではあるが記念として記録しておこうと思う。

高崎「天流水舎」

このお店、とても良いお店で、必ずまた訪れたいと思いながらも行けないままになっていた。そう言ったお店が知らない間になくなるのは寂しいものである。

盛岡の『とらや』しかり、『愛染横丁』しかりである。

知らない間に盛岡ではゼッタイに外せないお店だった創業昭和36年の老舗居酒屋「とらや」が消えてしまった。閉店したとはいえ、記憶に残っているとはいえ、ここに記録しておく。
蔵造りの建物も内装も非常に素敵だっただけに、事情は色々あるだろうがとてももったいないと思ってしまう。あの独特の柔らかい居心地の良かった雰囲気はもう失われてしまったのだ。

アクセス

かつてそのお店があったのは、『高崎城址横丁』という所だ。JR高崎駅西口から伸びている大通りを歩いて行き、ガストの所を右に曲がる。

やがてドーミーイン高崎があるので更に進んだ大通りを左に行くとその『高崎城址横丁』だ。

外観

このいるの中につくられた横丁、当時はこのお店しか入っていなかった。なので他はがらんとしていて、あるい意味少し怖い雰囲気の建物になっていた。

そして、このお店の少し開けた格子の引き戸からだけ光が漏れていて不思議な雰囲気であった。入口の横に店名の書かれた素敵な木の看板が床に立て掛けられていた。

店内

店内と言っても入るとすぐにカウンターがあり、そのカウンター7席だけのお店。シンプルだが綺麗。

店主が1人だけでやっているからこの席数くらいでないと無理なんだろう。でもそれが良いのだ。

メニュー

日本酒バーではあるが最初に飲んだのはビール。銘柄は『ハートランド』

料理は三品(1,600円)・四品(2,100円)・五品(2,500円)のコースと前菜二品(900)のみ。

シンプルだ。

お酒に合うその時々の料理を店主が創造してくれる。

そのどれもがとても美味しい。

そして日本酒にピタリと合うのだ。

おまけがあったりもする。

お酒は言わずもがな美味しい。

飲み頃のものを店主が味見をしてだしてくれる。

器も良い。

あまり知らないお酒も多数。

でもどれも美味しい。

静かに時が流れる。

店主がそれぞれのお酒のことを色々話してくれる。

ついつい色々飲んでしまう。

落ち着くし居心地は抜群だ。

なかなかありそうでないお店である。しかし、今はそのお店はない。

まとめ

素晴らしく良いお店だった。日本酒の品揃えも良いし、店主の語りも煩わしくなく心地良い。料理に合わせて出されるお酒の数々も本当に美味しい。

いつかまたどこかで再開されるのだろうか?これからが楽しみなお店だっただけにこのまま終わるのはあまりにも勿体ない。

『いいご報告ができるまでしばらくお待ちください。』とのことだが、本当に待っていたいと思わせてくれたお店であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る