久留米でギョウザとやきとり「又兵衛」

久留米でギョウザと言えば『五十番』が有名だが、こちらの『ぎょうざとやきとりの又兵衛』もまた有名なのではないだろうか?

アクセス

西鉄久留米駅西口を出て横断歩道を渡る。左手の道を更に行くと『一番街』と書かれたアーケードが見えてくるのでそこを進んでいくとやがて左手にお店が見えてくる。

外観・店内

久留米「ギョウザとやきとりの又兵衛」

『ぎょうざ』と書かれた小さな赤提灯がズラリとぶら下っているのが目印。建物の手前を左に入るち『ぎょうざ又兵衛』と書かれた赤提灯の先には外のテーブル席。

その間にオレンジ色に白抜きで『銀座街又兵衛』の暖簾の掛かった入口があるのでそこから中に入る。

時間によってはこの外のテーブル席もすぐに埋まってしまう人気店。ただ一人なら中のカウンター席が空いている可能性も高いので、外が一杯でも諦めずに入ってみよう。

店内はカウンター席とテーブル席。カウンター席の上にもオレンジの暖簾がある。テーブル席の椅子もオレンジだ。 壁には色々とサインが飾られている。テレビもある。

そして、またしてもオレンジ色の『銀座街又兵衛創業昭和39年』と書かれた丸い看板。最初は屋台、その後お店を構え、ここは移転したらしい。元々は50年以上の歴史あるお店。

なので所々に昔お店に使われていたであろうものがちらほら。店舗自体は新しいが、それが老舗っぽさを感じさせる。

メニュー

久留米「ギョウザとやきとりの又兵衛」

最初にギョウザを何人前にするかを聞かれる。やきとりや他にも食べたくなるものがあるだろうから1人前で良いだろう。ちなみに1人前9個で450円。CPが特別高いわけではない。

久留米「ギョウザとやきとりの又兵衛」

出てきたのは一口ギョウザ。見た目はまあ何とも言えないのだが、食べてみればやはりそれなりに美味しいわけで、ペロリと食べてしまう。

久留米「ギョウザとやきとりの又兵衛」

やはりビールとギョウザの組み合わせは良い。続いて『ニラとじ(400円)』は是非食べておきたい。卵の半熟度合いが素晴らしい。これもまたかなり美味しい。

90円~の塩味のみのやきとりもやはり食べておきたい。小ぶりだがどれもお酒にちょうど良い塩加減。

まとめ

サクッと食べて飲んで出るのも良し、じっくりと飲んでも良し。色々な使い方が出来そうなお店である。ギョウザとやきとりとニラとじとビールで幸せな時間をどうぞ。

「又兵衛」基本情報

最後に『又兵衛』の基本情報。

住所:福岡県久留米市東町26−15

電話:0942-34-2405

営業時間:18:00~25:00

     水曜休

その他:全面喫煙可

    予約不可

    カード不可

おひとりさま居心地レベル:★★★★(5★満点)

久留米で失敗しないおひとりさま関連記事

久留米にある「古賀久六ツ門本店」は創業が1920年、大正12年の老舗酒場。豊富なメニュー、そして低価格。広いお店だが一人でも気にせずに過ごすことが出来る。昼から飲める。
料理もお酒も種類が豊富な「酒蔵松竹本店」、好みが色々でも充分対応出来る品揃え。まさに老舗の大衆酒場と言う感じで使い勝手が非常に良い。サクッと昼飲みも良し、じっくり飲むも良し。
久留米で失敗しないおひとりさま「赤垣屋」。京都や大阪の「赤垣屋」とは関係ない。昭和36年の老舗でとにかく「ダルム」が美味しい。これはちょっとクセになる美味しさだ。
久留米といえば焼き鳥の街であり、とんこつラーメン発祥の街。そんな久留米でゼッタイに失敗しない餃子のお店が「ギョウザ五十番」。カリカリとモチモチの食感が1度に味わえる絶品餃子。

参考:久留米ラーメン情報

とんこつラーメン発祥の地とも言われる久留米。その久留米に昭和28年創業の『大砲ラーメン』がある。今回は何店舗かある中の1店、木造校舎がコンセプトの合川店の紹介。
JR久留米駅からすぐのところにある「来福軒」。ラーメンだけではなく中華系のおつまみやお酒も置いてあるので、昼・夜問わず非常に使い勝手が良いお店。もちろん味も大丈夫。

参考:久留米のホテル宿泊レポート

久留米ホテルエスプリ宿泊レポート。西鉄久留米駅周辺にはそれなりにホテルがある。1つだけ選べと言ったらここになる。ただ予約がとれないこともあるので早目の予約をした方が良いと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る