久留米で失敗しないおひとりさま「酒蔵松竹本店」

久留米「酒蔵松竹本店」

久留米にある創業100年をあと少しで迎えようとする『古賀久六ツ門本店』↓。

久留米にある「古賀久六ツ門本店」は創業が1920年、大正12年の老舗酒場。豊富なメニュー、そして低価格。広いお店だが一人でも気にせずに過ごすことが出来る。昼から飲める。

そこまで歴史は古くないが、それでも他にも実は老舗と言って良い酒場がある。

久留米『酒蔵松竹本店』

久留米「酒蔵松竹本店」

それが『古賀久六ツ門本店』を出て西鉄久留米駅の方面に向かう途中にある『酒蔵松竹本店』だ。久留米市の中心市街を東西に走る大動脈である明治通り沿いに建物がある。

松竹ってやはり…

そう、店名の『酒蔵松竹本店』の『松竹』はあの興行の松竹である。アーケードになっているので低い建物化と勝手に思ったが、遠目で見ればあの松竹のマークがちゃんとある。

要は、ここは松竹会館なのだ。ただ現在は興行施設としては使用されていない。

外観

久留米「酒蔵松竹本店」

その建物の看板には白地に赤い資格に囲まれた『味処』の文字、そして黒字で『飲み処 食べ処 酒蔵松竹本店』。店頭のショーウィンドウには各種メニューが写真入りで出ている。

但し、1Fはお弁当コーナーになっており、初めてだと戸惑う方も居るかもしれないが、お店は階段を下りた地下1Fにある。

店内

久留米「酒蔵松竹本店」

風情はない自動ドアを抜けると、想像以上に広い店内。座敷、テーブル、カウンターとどんな席でも揃っている。様々な使い方が出来そうだ。

そして、いきなり日本酒の一升瓶が色々と並んだ冷蔵庫があり、その品揃えはかなり豊富で期待が持てる。

とにかく席数は随分とありそうだが、一人でも気にならない雰囲気だ。何しろ創業は1963年、昭和38年と、前回の東京オリンピックの前年。やはり積み上げた歴史の懐の深さだろう。

真ん中をついたてで仕切った大きなテーブル席には一人客がそれぞれ思い思いに食べたり飲んだりしている。こういう席でも、この空間なら意外と落ち着くのだ。

メニュー

久留米「酒蔵松竹本店」

とにかく老舗の大衆酒場らしく、そのメニューは『古賀久六ツ門本店』同様に豊富だ。そしてやはり安い。

久留米「酒蔵松竹本店」

例えば『酒の肴五種盛』。季節で内容は変わるのだろうが、ホタルイカ沖漬け・筑後がめ煮・イクラと椎茸・山汐漬・酢の物(このしろときゅうり)で480円はお得だ。

取り立ててその味に感動したりするようなものではないのだが、酒の肴としてはもうそれだけで充分なのだ。

久留米「酒蔵松竹本店」

例えば270円の冷やっこはまさに普通に普通なのだが、その普通が良い場合もたまにはある。

久留米「酒蔵松竹本店」

そして、やはりメニューを見ればわかる。日本酒の揃えは想像以上。一部ではあるが、例えば福岡県のものだけでもこんな感じ。

久留米「酒蔵松竹本店」

  • 山の壽(久留米市)470円
  • 庭のうぐいす(久留米市)470円
  • 三井の寿(大刀洗町)450円
  • 繁枡(八女市)400円
  • 杜の蔵・翠水(久留米市)400円
  • 寒北斗(嘉麻市)390円

他にも九州から北海道まで、全国各地のお酒がズラリと書かれている。そしてよく見ると、純米酒が中心の品揃えになっている。

久留米「酒蔵松竹本店」

価格はグラス1杯(120ml)のお値段。升にグラスを置いて、そこに一升瓶から注いでくれるシステムだ。

久留米「酒蔵松竹本店」

もちろん日本酒以外のお酒も充実していてなんでもござれ。まさに呑兵衛たちには申し分のないお店だ。

なので、料理に期待するよりも、お酒に期待した方が良いかもしれないし、そういう方にはまさに打ってつけのお店だと言える。

まとめ

一人でじっくりと飲むというよりは何人かで来る方の方が多いようだが、それでもおひとりさまはそれなりに居る。そして何人で飲もうが心地良く飲める雰囲気。

料理もお酒も種類が豊富なので、好みが色々だとしても対応出来るだけの品揃えこそ、まさに老舗の大衆酒場と言う感じで使い勝手が非常に良い。

そうそう階段の手前に古そうな木の看板があった。そこには『和風パブ松竹本店』と書かれていた。

久留米『酒蔵松竹本店』基本情報

それでは最後に「酒蔵松竹本店」の基本情報。

住所:福岡県久留米市東町34-32

電話:0942-39-2370

営業時間:11:00~23:00

     基本無休 

その他:全面喫煙可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る