久留米で立ち呑み「角打バーオリーブ」

久留米「角打バーオリーブ」

先日、近くのホテルに宿泊した際、お店の前を通っただけなのだが、以前伺ったことがあるこのお店のことを書いていなかった。

屋号は『角打ちバーオリーブ』と言う何とも言えない名前。でも名前とは裏腹にこれがなかなか良いお店なのだ。

角打ち

そもそも『角打ち』は『かくうち』と読む。そんなことくらい知っているわと言われそうだが、意外に『かどうち』と読んでしまう人も居るのだよ。

それで『角打ち』と言う言葉はもともと『四角い升の角に口を付けて飲むこと』の意味だった。それがいつの頃からか『酒屋で酒を立ち呑みする』という意味で使われるようになった。

アクセス

それでこの『角打ちバーオリーブ』は西鉄久留米駅からすぐの非常に便利なところにある。何しろ西口を出たら左を線路沿いに歩くと1分で着いてしまう近さなのだ。

まあこの駅を現実的には使ったことはないのだが、宿泊先が『久留米ホテル エスプリ』だったりすると、最後にちょっと夜には絶好の場所。何しろホテルまで1分も掛からない。

外観・店内

久留米「角打バーオリーブ」

このお店、『森川酒店』と言う酒屋が経営している。隣にもお店があって、
一つの酒屋さんが2種類の角打ちを経営していると言う珍しいスタイル。

それでお店の外観だが、木枠にガラスの引き戸になっているので、中が見通せる。上の木の看板には赤い文字で何故か『蔵出しめんたい』。これの意味はよく分からない。

ガラスのところにピンクとライムの地にブルーで『角打バーオリーブ』とあるので明太子屋さんではないことがわかる。

久留米「角打バーオリーブ」

中に入ると、焦げ茶色のテーブルがいくつか。椅子はない。せいぜい20人ほど入れば一杯な感じ。棚には日本酒に焼酎にワインなどなどお酒がびっしり。

メニュー

久留米「角打バーオリーブ」

店内には様々なお酒の銘柄が書かれた白い短冊があちこちに貼られているので、それを見ているだけで何だか楽しくなる。

久留米「角打バーオリーブ」

適当に選んで注文するも良し、お店の方に聴くのも良し、もちろん知っているものを頼むのも良し。

久留米「角打バーオリーブ」

いずれにしても、当たり前だが結構色々あるので満足度は高いのだ。

久留米「角打バーオリーブ」

つまみもあるが、個人的には他で飲んできて〆で呑むだけで使う感じが良いかもしれないと思う。もちろんここに最初からきて軽く呑んでと言うのも悪くないだろう。

まとめ

もしも久留米に住んでいたら仕事帰りに週に1回くらいは立ち寄ってみたいと思えるお店である。住んでいる方は羨ましい限りだ。

「角打ちバーオリーブ」基本情報

最後に『角打ちバーオリーブ』の基本情報。

住所:福岡県久留米市東町40−15

電話:0942-32-7016

営業時間:17:00~22:00(酒屋としては10:00~)

     日曜休

その他:全面喫煙可

    予約不可

    カード不可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

久留米で失敗しないおひとりさま関連記事

久留米にある「古賀久六ツ門本店」は創業が1920年、大正12年の老舗酒場。豊富なメニュー、そして低価格。広いお店だが一人でも気にせずに過ごすことが出来る。昼から飲める。
料理もお酒も種類が豊富な「酒蔵松竹本店」、好みが色々でも充分対応出来る品揃え。まさに老舗の大衆酒場と言う感じで使い勝手が非常に良い。サクッと昼飲みも良し、じっくり飲むも良し。
久留米で失敗しないおひとりさま「赤垣屋」。京都や大阪の「赤垣屋」とは関係ない。昭和36年の老舗でとにかく「ダルム」が美味しい。これはちょっとクセになる美味しさだ。
久留米といえば焼き鳥の街であり、とんこつラーメン発祥の街。そんな久留米でゼッタイに失敗しない餃子のお店が「ギョウザ五十番」。カリカリとモチモチの食感が1度に味わえる絶品餃子。
久留米の「又兵衛」は、サクッと食べて飲んで出るのも良し、じっくりと飲んでも良し。色々な使い方が出来そうなお店である。ギョウザとやきとりとニラとじとビールで幸せな時間をどうぞ。
「ひとくち餃子てん屋」。一軒目で行くのも良し、二軒目で良くも良し、〆でも良し、お酒メインでも食事メインでも良しといった具合に、なかなか使いかっての良いお店である。居心地も良い。

参考:久留米バー情報

落ち着いた雰囲気で居心地も良い。混んでも騒がしくないし、マスターも感じが良い。一人でカウンターでも良いし、何人かでテーブル席でも良いし、色々な使い方が出来そうだ。

参考:久留米ラーメン情報

とんこつラーメン発祥の地とも言われる久留米。その久留米に昭和28年創業の『大砲ラーメン』がある。今回は何店舗かある中の1店、木造校舎がコンセプトの合川店の紹介。
JR久留米駅からすぐのところにある「来福軒」。ラーメンだけではなく中華系のおつまみやお酒も置いてあるので、昼・夜問わず非常に使い勝手が良いお店。もちろん味も大丈夫。

参考:久留米のホテル宿泊レポート

久留米ホテルエスプリ宿泊レポート。西鉄久留米駅周辺にはそれなりにホテルがある。1つだけ選べと言ったらここになる。ただ予約がとれないこともあるので早目の予約をした方が良いと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る