仙台で失敗しないおひとりさま「一心 加減 燗」

この『一心 加減 燗』は『一心本店』の隣にある。

一心本店の姉妹店なわけだが、 一応、燗酒専門店なのである。

燗の種類

まあ燗酒を飲む方にとっては常識なのだが、 一口に燗酒と言っても、お酒の種類によっては飲み頃もあるし、燗にも温度によっていくつもの呼び方がある。

温度によって呼び方がある、これが何だかとても良いのだ。

  • 雪冷え:5℃近辺
  • 花冷え:10℃近辺
  • 涼冷え:15℃近辺
  • 常温 :20℃近辺
  • 日向燗 :30℃近辺
  • 人肌燗 :35℃近辺
  • ぬる燗 :40℃近辺
  • 上燗 :45℃近辺
  • 熱燗 :50℃近辺
  • 飛切燗 :55℃近以上

と言った具合だ。それぞれの呼び方も素敵だし、これだけ繊細に分ける感覚も素晴らしい。何だか日本と言う感じがする。

仙台「一心 加減 燗」

仙台「一心 加減 燗」

それで、この『一心 加減 燗』はそんな燗酒を楽しめるお店なのだ。

外観

仙台「一心 加減 燗」

入口周りには名栗加工が施された焦げ茶の板が貼られており、同じ加工が施されたものでつくられた犬矢来が引き戸のところに。

麻の五枚暖簾のかかる縦格子の引き戸と、本店とはまた違う外観だが、先ず見た目がとにかく良い。

店内

それは中に入っても同じである。

やはり雰囲気が良い。

つくりは本店と近いがこちらは小上がりではなくテーブル席。

もちろん引き戸があるのでカウンター席とは分離される。

カウンター席のつくりは同じなのだが、黒というよりはこちらは茶。

木目がキレイなカウンターになっている。

何だか色々と置いてある。

この『さかずきん酔っぱらい妖怪図鑑』がなかなか面白かった。

酒場にまつわる様々な妖怪が図解されているもの。

カウンターと各テーブルには備え付けの湯煎式燗銅壺が設置されている。

『おこのみ燗オーダー』と言うのがあって、その際には温度計付の錫ちろりで自分の好みで燗づけが出来る。

こういうのって意外に楽しいだろう。

メニュー

燗酒のお店でもちゃんとビールは置いてある。グラスは金の文字で『一心』と入っているお馴染みのやつ。

ここもお通しは箱膳に入ったお刺身3点。

料理は本店から持ってくるみたいだが、たまたま伺った時はこのお通しが切れていた。

でもそれはそれで他にいくらでも美味しいものは用意されている。

本店でもそうだったが、やはり肴も良いがお酒が楽しみなお店である。

透明の徳利越しにカウンターの良い色が見えている感じだけでも何だか良いのだ。

徳利の中に木目が歪んで移っているのが美しい。

飲むほどにそれは失われてしまうのだが。

美味しい燗酒を飲みながら美味しい肴を食す。

しかも雰囲気は良いし、お店の女性も接客が良い。

こう言うのを至福の時と言うのだ。

まとめ

お店の雰囲気は本店も良いがこちらの方がボク的には好みだ。燗酒専門店だからと言うわけでもないだろうが、何だか温かみがある。

それはお店全体的の色合いのせいかもしれないが、空気もそういう感じなのだ。この空気と言うのは作ろうと思ってもなかなか作れるものではない。

自然に色々なものが重なり合って出来るものなのだろう。そういう心地良い空気に包まれるようなお店だ。

「一心 加減 燗」基本情報

最後に「一心 加減 燗」基本情報。

住所: 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3−1

電話:022-261-9889

営業時間:17:00~25:00

その他:予約可

    分煙

    カード可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

一心 加減 燗居酒屋 / 勾当台公園駅北四番丁駅広瀬通駅
夜総合点★★★★ 4.5

仙台で失敗しないおひとりさま関連記事

もしも訪れたことがない方が居たらゼッタイに行くべき名店中の名店。それが「源氏」。文化横丁の路地裏にひっそりと店を構えるこのお店は、1度行ったら必ずまた行きたくなる。
仙台で失敗しないおひとりさま「郷土酒亭 元祖 炉ばた」。炉ばた発祥のお店、雰囲気も良いし、料理も美味しいし、お酒は種類はないが、徳利が木杓子で供されるのは楽しい。
仙台で失敗しないおひとりさま「なつかし屋」。とにかく良い店である。大将もとても良い方で居心地が良い。料理も美味しいし、酒も仙台の地酒が色々と時々で違うものが揃っている。
仙台で失敗しないおひとりさま「かん」。料理は美味しい。そして何より沢山の種類の日本酒が置いてある。店もこじんまりしていて落ち着く。居心地もとても良いお店だ。
仙台で失敗しないおひとりさま「一心本店」。基本的に居酒屋に求めるものが全て揃っているお店だと言える。そう言ったお店は他にも意外にあるのだが、その中でもここは本当に良い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る