京都で失敗しないおひとりさま「太郎屋」

京都「太郎屋」

京都で何処かで飲もうとなると先ず真っ先に挙がるのが『赤垣屋』である。他だと『ばんから』や『神馬』や『じじばば』と言ったところか。

ただこれらのお店は人気が高くなかなか入れないこともしばしば。では、新たに開拓してみようと選ばさせて頂いたのが『太郎屋』というお店だ。

アクセス

阪急電車なら『烏丸』駅だし、京都市営地下鉄なら『四条』駅から、どちらも歩いて約5分程で到着する。

『烏丸』駅なら出口25から地上に出てそのまま四条通りを真っすぐ行き、最初の信号で横断歩道を渡って更に先。最初の路地を右に入る。左の細い路地を曲がると左手にお店が現れる。

外観・店内

京都「太郎屋」

細い路地に佇むお店の目印は白い二枚暖簾だ。少し長めの暖簾の左下に『太郎屋』の文字だけがあるシンプルな暖簾。脇には低い塀で囲まれた小さな庭があり壁には木の看板。

京都「太郎屋」

木造二階建ての建物は、元々白生地問屋の事務所として使われていたもので、そこを改装してお店にしたようだ。

店内に入ると左手におばんざいが並ぶカウンター、右はテーブル席。その奥が座敷になっており、普通の家の座敷のようだ。奥には庭も見える細長いつくり。

メニュー

やはり大皿に盛られた料理から好きなものを選んで食べるのが1番良いであろう。

どれを食べてもとても美味しくて外れはなさそうに見える。

京都「太郎屋」

また、『本日の一品』と言うお品書きもあるので、そこから選ぶのもまた良し。お酒は日本酒から焼酎から何でも揃っているのでお好みでどうぞ。

まとめ

こう言った『おばんざい』の美味しい京都らしいお店はあちこちにあるのだろうが、ここは料理は勿論だが、お店の雰囲気が非常に良い。とても落ち着く。

広さもちょうど良いし、とりたててオシャレな感じでもないが雰囲気も良く、美味しい料理があり、落ち着いて飲めるお店って意外にあるようでないものだ。

そういう意味では、このお店は普段使いにはもってこいの素晴らしいシンプルなお店である。もちろん観光で来て入っても充分京都らしさもあり満足出来るだろう。

「太郎屋」基本情報

最後に『太郎屋』の基本情報。

住所:京都府京都市中京区観音堂町 新町通四条上る東入観音堂町473

電話:075-213-3987

営業時間:17:00~23:00(LO22:00)

     日曜・祝日休

その他:全面喫煙可

    カード可

    予約可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

京都で失敗しないおひとりさま関連記事

京都でゼッタイに失敗しないおひとりさま居酒屋、創業1934年(昭和9年)の京都を代表する老舗「赤垣屋」は美味しいお店が目白押しの京都にあってまさに名店と言える素晴らしいお店なのだ。
京都で失敗しないおひとりさま「いなせや」。サクッと呑んで食べて新幹線に乗るまで、往復時間を考えても1時間もあればかなり満足出来る立ち呑みのお店。とにかく安くて美味しい。
京都で失敗しないおひとりさま『神馬』。昭和9年創業の老舗居酒屋は100年以上の酒蔵のような古い建物。素晴らしい雰囲気の中で美味しい料理とお酒が楽しめる。
京都で失敗しないおひとりさま「酒亭ばんから」。メニューは魅力的なものが色々、お酒も種類が揃っている。単純明快に本当に良いお店。場所もお店も接客もすばらしい。
京都で失敗しないおひとりさま「酒肴屋 じじばば」、何にしても料理が美味しい。お酒も色々。こんな場所なのに女性の一人客も居たりする。それがこのお店の良さを物語っていると言える。

参考:京都宿泊レポート

京都駅からすぐでアクセスも良いし、コンビニが1Fにあるし、温泉大浴場があるのも良いし、と言うことで、出張で宿泊するならもう充分過ぎる安心・安定のホテルと言って良いだろう。

参考:京都ラーメン情報

どちらが美味しいのか?それはもう好みである。もし迷ったら、アッサリ系が良ければ『第一旭』、少し濃いめが好きなら『新福菜館』と言った感じだろうか。いずれにしてもどちらも美味しい。

参考:京都のバー

祇園辺りは一見さんが入れないようなバーもあるが祇園サンボアは誰でも入れる。そして、非常に居心地の良い空間である。著名人も通うようなバーなのに初めてでも敷居が非常に低い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る