金沢「黒百合」にて「かに面」を食す!

金沢駅構内にある「黒百合」のことは以前に紹介しているので、今回が2回目になる。もちろん行っている回数はもう少し多い。

金沢「黒百合」

今回は 今の時期にしか食べられない金沢おでんの王様とも言える『かに面』を食べたくてその『黒百合』を目指した。

ところが行ってみると、何と仕込中の時間。すぐには食べられない。でもまあそのうちに出来上がるだろうと店内へ。おでんの舟の正面のカウンターに座る。

金沢「黒百合」

おでんの舟は6つに仕切られており、かなり大きい。それが3つも並んでいる姿はなかなか壮観。見ているとあれもこれも食べたくなってくる。

なので『かに面』が無くても充分満足出来る。ここの出汁はやはり美味しい。昭和28年の創業以来注ぎ足しながら今に至る出汁だからそれはそうだ。

以前も食べたが『どじょうの蒲焼』はお酒には本当にピッタリ。日本酒も良いが焼酎もありだ。

これは『せんな漬』だったか。これもお酒にバッチリ。

かに面

金沢「黒百合」

そして『かに面』。

しばらくして『本日のおすすめ』的な手書きのメニューが配られたのだが、そこに『香箱かに』が載っていた。普通に食べても良し、おでんで食べても良し。

実はこの『かに面』、 金沢には夏に行くことが多くて食べたことがなかったのだ。夏でもおでんは食べられるが、この『かに面』は夏には食べられない。

でっ、『かに面』 とは 『香箱かに』の身・内子・外子などを一度甲羅から外して詰め直したものを蒸し上げておでんの出し汁で煮たもの。

その元になる『香箱かに』の漁が毎年11月初旬から12月末 くらいまでなので、冬の一定期間しか食べることが出来ないのだ。

何だか見た目はこんなものかと言う感じだったが、箸を入れて中が出てくると一気に美味しそう!となる。

そして実際かなり美味しい。お酒を飲んでこのかに面を食べてボーっと過ごすなんてまさに至福の時。と言うわけで冬の金沢の1つの目的を無事果たせた。

金沢で失敗しないおひとりさま関連記事

様々な場面で使える便利なお店。しかも老舗のおでんとくればこれは間違いなく美味しいに決まっている。他にも色々酒の肴はあるし、日本酒も選択肢が多い。使い勝手の良いお店である。
金沢の木倉町にある創業昭和36年の老舗割烹「大関」。おでんも美味しいが刺身も揚げ物も何でも美味しいお店。先代はなんと103歳までお店に出ていたというから驚きだ。
金沢で失敗しないおひとりさま「酒房 猩猩」。どの料理もお酒も外れが全くない美味しさである。金沢には美味しいお店が色々あるが、ここも是非訪れてほしい一軒であることは間違いない。

参考:金沢のバー

金沢は片町の裏路地、レンガ風の外壁の一軒家がある。イギリス映画のセットか何かのようで、その『英国らしさ』は完璧だ。それが今回紹介したい『倫敦屋酒場』である。

参考:金沢のホテル宿泊レポート

ダイワロイネットホテル金沢宿泊レポート。出張で泊まるにはとても良いホテルである。やはりデスクと椅子が良い。仕事がし易い。系列はどこもこの感じな。だから泊まりたくなるのだ。

黒百合おでん / 金沢駅北鉄金沢駅七ツ屋駅
夜総合点★★★★ 4.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る