金沢で失敗しないおひとりさま「黒百合」

 金沢「季節料理おでん黒百合」

金沢駅の夜の『鼓門』は昼間にも増して威風堂々とした雰囲気。その奥に控えるガラスとアルミ合金の巨大な天井ドーム『もてなしドーム』も美しい。

金沢「おでん黒百合」

その『鼓門』は能楽・加賀宝生の鼓を、そして『もてなしドーム』は大きな傘をイメージしている。なかなか素晴らしいデザインだ。

ちなみにこの金沢駅は、少し前になるがアメリカの旅行雑誌『Travel+Leisure』で『世界で最も美しい駅14選』の6位に唯一日本から選ばれたことがある。

金沢「季節料理・おでん黒百合」

金沢「季節料理おでん黒百合」

そんな金沢駅の構内でおでんが食べられる。駅構内にある『金沢百番街あんと』の中だ。ここは土産やグルメゾーンで石川県の方言『あんやと(ありがと)』から名前が付けられた。

金沢と言えばおでん

金沢と言えば日本一おでんが食べられている地域だとか。ただ明確な『金沢おでん』の定義と言うものはないようだ。

ネタには独特のものが結構ある。その代表が『カニ面』。ズワイガニの雌『香箱ガニ』の身・内子・外子などを一度甲羅から外し詰め直したものを蒸し上げておでんの出し汁で煮たもの。

この『香箱ガニ』の漁は、毎年11月初旬から12月末なので、残念なことに『カニ面』は冬限定でしか食べられない。

店名の由来

金沢「季節料理おでん黒百合」

さて『黒百合』だ。普通『百合』と言えば白い花を思い浮かべるが、ここは石川県だ。やはり黒百合が『郷土の花』だからこの店名なのだろう。

店内

金沢「季節料理おでん黒百合」

白い暖簾をくぐり中に入ると、湯気が立ち上る大きなおでん鍋が正面に見える。それを中心にコの字カウンターが囲んでいる。左奥はテーブル席と小上がりがあり思いの他広い店内だ。

メニュー

金沢「季節料理おでん黒百合」

この店は『季節料理・おでん』なのだから、当然おでん以外のメニューも色々と揃っているが、やはり『おでん』を外すことは出来ないだろう。

今は新しい店舗だが、創業は昭和28年。その創業以来、出汁を注ぎ足しながらつくっているおでんなのだからそれは美味しいに決まっている。

例えば『玉子と大根にシュウマイ』。

金沢「季節料理おでん黒百合」

例えば『車麩・玉子・大根』。

金沢「季節料理おでん黒百合」

『ふき』、

金沢「季節料理おでん黒百合」

『糸コン・しゅうまい』、

金沢「季節料理おでん黒百合」

などなどちょうど良い感じで味が染みていて本当に美味しい。

金沢「季節料理おでん黒百合」

おでん以外だったら例えば『ホタルイカ沖漬け』。

金沢「季節料理おでん黒百合」

『どじょうの蒲焼』は山椒が効いていてこれがまたお酒に合う。

金沢「季節料理おでん黒百合」

『どて焼き』は豚肉とこんにゃくを串に刺し酒で茹でたもので、これもまたお酒が進む。

金沢「季節料理おでん黒百合」

『すじ肉煮込み』は、ねぎか味噌か両方掛けの3つから選べる。写真はねぎだけのもの。

加賀の菊酒

日本酒が飲みたくなれば小堀酒造店のお酒『萬歳楽』の銘柄が色々と置かれているのでそれをどうぞ。ちなみに小堀酒造店の創業は江戸享保年間(1716~1734)。

手取川上流には、昔から多くの野生の菊が群生していた。その滴を受けて流れる手取川の水のことを『菊水』と呼んだらしい。

そして、中国の故事では、菊の滴を集めた水は特別の力があって、不老長寿の薬になると信じられていたようだ。

そんな手取川の菊水から造られた酒のことを『菊酒』と呼ぶ。古くは1527年の山科大納言の日記に記述が出てくる。

『太閤記』でも、秀吉が醍醐の大花見の際に、加賀の菊酒が『諸国一番の酒』と賞賛したと書かれている。

その『菊酒』は白山市の鶴来で造られる酒を指すことが多く、この小堀酒造店の『萬歳楽』はまさにその鶴来でつくられているお酒だ。

そんな『萬歳楽』各種をここでは飲むことが出来る。

例えば『萬歳楽 剱 山廃純米生原酒』とか、

金沢「季節料理おでん黒百合」

『萬歳楽 森の吟醸蔵 純米吟醸』とか、

金沢「季節料理おでん黒百合」

『萬歳楽 剱 山廃純米』とか、

金沢「季節料理おでん黒百合」

10種類以上は揃っている。

まとめ

新幹線の待ち時間とか、他で飲んだ〆でおでんとか、ランチとか、勿論最初からここでガッツリとか、とにかく様々な使い方が出来る便利なお店だ。

しかも老舗のおでんとくればこれは間違いなく美味しいに決まっている。他にも色々酒の肴はあるし、日本酒も選択肢が多い。使い勝手の良いお店である。

駅構内なので、様々な客層が食べたり飲んだりしている。なので静かではないが、一人でも全然気にせずに居られる空間だ。

金沢「季節料理・おでん黒百合」基本情報

最後に「季節料理・おでん黒百合」の基本情報。

住所:石川県金沢市木ノ新保町1−1

電話:076-260-3722

営業時間:11:00~22:00(LO 21:30)

     無休

その他:全面喫煙可

    予約可

    カード可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

黒百合おでん / 金沢駅北鉄金沢駅七ツ屋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

金沢で失敗しないおひとりさま関連記事

金沢「黒百合」にて「かに面」を食す!
金沢駅構内にある「黒百合」のことは以前に紹介しているので、今回が2回目になる。もちろん行っている回数はもう少し多い。金沢「黒百合」今回は 今の時期にしか食べられない金沢おでんの王様とも言える『かに面』を食べたくてそ...
金沢で失敗しないおひとりさま「大関」
JR東日本の車内誌トランヴェール北陸新幹線や東北新幹線に乗ると『トランヴェール』という車内サービス誌が座席ポケットに入っている。ちなみに『トランヴェール』はフランス語で『緑の列車』という意味だ。こういった車内誌は他にもJR西日本なら『...
金沢で失敗しないおひとりさま「酒房 猩猩」
金沢には良いお店が色々ある。今までアップしたもので言えば、『大関』だったり『倫敦屋酒場』だったり。金沢香林坊加賀百万石の城下町金沢は、藩政時代には江戸・大坂・京都に次ぐ規模の大都市だったと言われている。そんな金沢の玄関口金沢駅前から...

参考:金沢で失敗しないバー

発見!金沢のスゴイバー「倫敦屋酒場」
何処かのお店に入ったとする。あなたはその内装に感動したことがあるだろうか?今回紹介するお店はまさにその感動を与えてくれる空間だ。金沢 片町 路地裏の一軒家金沢は片町の裏路地、トヨタの黒いセンチュリーが停められているレンガ風の外壁の...

参考:金沢のホテル宿泊レポート

ダイワロイネットホテル金沢宿泊レポート
ダイワロイネットホテルは出張先にあればしたいホテルの1つなのだが、関西や中国四国や九州だと宿泊代が意外に高い。北の方だともう少し安かったので良く泊まっていたが、最近は滅多に機会がなかった。ただ金沢はリーズナブルなことが多い...

Comment

タイトルとURLをコピーしました