リーガロイヤルホテル京都宿泊レポート

リーガロイヤルホテル京都

今回は『リーガロイヤルホテル京都』である。

アクセス

京都駅から歩くと1階中央口から西へあるいて約7分くらい。シャトルバスが1階八条口から出ているので、それで行けば楽ちんである。

シャトルバスの運行時間は毎日 7:30~21:00(所要時間約5分 / 15分間隔で運行)。

住所:京都府京都市下京区東 塩小路下ル松明町1番地 堀川通

TEL:075-341-1121

周辺

少しばかり駅から離れていることもあり、また、繁華街の中にあるわけでもないので、周辺での選択肢は何にしても少ない。コンビニが向かいのアパホテルのそばにあるのは便利。

ちなみに京都鉄道博物館や京都水族館や西本願寺は歩いて10分前後、東寺も15分ほどのところにあるので観光の拠点としては悪くない。

外観・館内

ホテルのリニューアルって、大概は営業を続けながら改装する場合が多いが、ここは 2016年に約7か月間の全館休業をしてリニューアルしたこともあり当然キレイである。

エントランスからロビーへ続く空間だが、エントランスは竹林、カウンターへと続く床は石畳のイメージ、そして朱色のフロントカウンターの流れが素晴らしい。

ちょうど雛祭りが近かったこともあり立派な雛飾りも。

エレベーターに乗るまでの空間は非常に上質な雰囲気が漂っており、出張では勿体ない感じ。

エレベーターホールも広くて品がある。

廊下もキレイ。

絨毯の色とデザインも非常に良い。

部屋の入口も素敵である。

室内

ツインのシングルユースだったのでそこそこ広い部屋で22m2 。 シンプルで美しい室内は非常に居心地も良く快適に過ごせる空間になっている。

部屋に入るとまずクローゼット。

そして以前はミニバーであっただろう棚。

バスルーム

バスルームトイレとセパレートではないが、清潔だしそこそこ広いし充分。

湯船は幅は狭いが長さはある。

洗面台もキレイ。

アメニティは木の箱に入れられており、開けると色とりどりの箱に入っているのが美しい。

デスク

デスクはシンプルで機能的。

このTVの置き方はとても良い。デスクが広く使える。他でもこうしたら良いのにと思う。

ベッド

ベッドのサイズは110cm×195cm。寝心地良い。

脇に丸テーブルと椅子があるが狭いスペースに無理やり感があるので、なくても良いのにとも思う。

まとめ

ビジホにいつも泊まっていて、たまにこういったところに宿泊すると、やはり全然違うなと思う。空間がやはり上質なのである。

眠るだけだから何処でも良いと言えば良いのだが、やはり気分が全然違う。それってやはり大事なわけで、そういう意味では気分が上がるホテルであることは間違いない。

京都宿泊レポート関連記事

京都駅からすぐでアクセスも良いし、コンビニが1Fにあるし、温泉大浴場があるのも良いし、と言うことで、出張で宿泊するならもう充分過ぎる安心・安定のホテルと言って良いだろう。

参考:京都で失敗しないおひとりさま

京都でゼッタイに失敗しないおひとりさま居酒屋、創業1934年(昭和9年)の京都を代表する老舗「赤垣屋」は美味しいお店が目白押しの京都にあってまさに名店と言える素晴らしいお店なのだ。
京都で失敗しないおひとりさま「いなせや」。サクッと呑んで食べて新幹線に乗るまで、往復時間を考えても1時間もあればかなり満足出来る立ち呑みのお店。とにかく安くて美味しい。
京都で失敗しないおひとりさま『神馬』。昭和9年創業の老舗居酒屋は100年以上の酒蔵のような古い建物。素晴らしい雰囲気の中で美味しい料理とお酒が楽しめる。
京都で失敗しないおひとりさま「酒亭ばんから」。メニューは魅力的なものが色々、お酒も種類が揃っている。単純明快に本当に良いお店。場所もお店も接客もすばらしい。
京都で失敗しないおひとりさま「酒肴屋 じじばば」、何にしても料理が美味しい。お酒も色々。こんな場所なのに女性の一人客も居たりする。それがこのお店の良さを物語っていると言える。
https://izakayahopping.com/kyoto-tarouya/(新しいタブで開く)

参考:京都ラーメン情報

どちらが美味しいのか?それはもう好みである。もし迷ったら、アッサリ系が良ければ『第一旭』、少し濃いめが好きなら『新福菜館』と言った感じだろうか。いずれにしてもどちらも美味しい。

参考:京都のバー

祇園辺りは一見さんが入れないようなバーもあるが祇園サンボアは誰でも入れる。そして、非常に居心地の良い空間である。著名人も通うようなバーなのに初めてでも敷居が非常に低い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る