長野で失敗しないおひとりさま「こすげ」

長野「こすげ」

そば処信州、JR長野駅から歩いた路地裏にひっそりと佇む小さなお店がある。蕎麦旬菜『こすげ』である。オープンしたのが2012年とまだ若いお店だがなかなか良いのだ。

アクセス

長野「こすげ」

JR長野駅善光寺口を出たらロータリーを右に回って行き大通りを渡る。長野東急百貨店の左側を歩いて行き、ホテルニューナガノの前で左折して道なりに行くとお店がある。

途中駐車場の間とかを通って行くので、かなり狭い道になっており、不安になるかもしれないが、そのまま進んで行くと右側にお店がある。

外観・店内

長野「こすげ」

建物の格子の壁に黒い横長の看板、夜になると点灯される白いスタンド看板が目印。入口には暖簾が掛けられ、木の扉を開けて中に入る。店内へは靴を脱いで上がるスタイル。

長野「こすげ」

左にカウンターとテーブル席がある。

長野「こすげ」

カウンターは6人くらい座れる。テーブル席は4人席×3、別に6人までは入れる個室もある。

長野「こすげ」

和風モダンな内装は悪くはない。

長野「こすげ」

ジャズが掛かっているが雰囲気には合ってはいる。入った時の出迎えの感じも悪くない。落ち着いた雰囲気でゆったりと飲めるだろう。

メニュー

それほど品数は多くはないが、

どれもそれなりに美味しい。

鴨料理がおススメみたいだが、

それ以外も悪くない。

量も一品一品がさほど多くはないのでおひとりさまでも問題ない。

お蕎麦は北信濃の黒姫山の麓でつくられる『霧下蕎麦』。霧が立ち込め強い日差しが当たらない場所で育つ蕎麦で、甘みや香りが抜群に良い。


お酒は地酒がいくつか揃っている。

『こすげの隠し酒』何て言うものもあったりする。

切子の銚子と猪口が良い。


ゆったりと時間が流れる。

伺った時は全面喫煙可だったが、今はどうなんだろうか。蕎麦の香りを楽しんでもらうと言うことで禁煙になっているかもしれない。

落ち着いて飲める良いお店である。

まとめ

立地がなかなか良い。通りに面しているより路地裏のわかりにくいところにある方が何だか良さそうに感じるんだから不思議だ。

店内の雰囲気も悪くないし、ゆったりと落ち着いて飲んで、最後に美味しい蕎麦で〆ると言う贅沢な時間を過ごせる。

「こすげ」基本情報

最後に『こすげ』の基本情報。

住所:長野県長野市南長野北石堂町1390-1

電話:026-219-2376

営業時間:11:30~13:30 17:00~22:00(L.O.21:30)

     月曜休み

その他:カード不可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る