青森で失敗しないおひとりさま「いなげ家」

青森「いなげ屋」

本州最北端に位置する下北半島大間町。津軽海峡に面し、天気の良ければ函館山から恵山岬にかけての北海道の海岸を見渡すことが出来る。

今でこそ『大間まぐろ』で有名になったこの町だが、かつては地元でまぐろは全く流通しなかったらしい。

それが、大間のマグロ漁師の娘が主人公になったNHKの連続テレビ小説『私の青空』がきっかけとなり、『マグロの町大間』が全国に知れ渡るようになったのだそうだ。

『ザ!鉄腕!DASH!!』の『初モノ奪取』にも出てきた大間まぐろ

大間町で水揚げされるまぐろは、いわゆる『黒いダイヤ』と呼ばれる天然のクロマグロ。クロマグロは通称本マグロである。

今年の初め、豊洲市場の新春の初セリでこの大間まぐろが何と3億3,360万で落札されたのはまだ記憶に新しいところだ。まさに黒いダイアですな。

そう言えば本日1/27(日)放映の『ザ!鉄腕!DASH!! 』の中の『初モノ奪取』でこの話題をやっていたね。

まあそれは置いておいて、津軽海峡は日本海と太平洋を結ぶ海峡。黒潮、対馬海流、千島海流の3つの海流が流れ込むから沢山のプランクトンが生息してる。

この良質なプランクトンのお陰で美味しいまぐろが育つ。その津軽海峡に面している大間町で獲れる大間まぐろは当たり前だが美味しいに決まっているわけだ。

出荷される30キロ以上の大間マグロには、ブランド目印の『大間まぐろ』の通し番号が入ったシールが貼られていて、どの船がいつ、どんな漁法で獲ったかを厳密に管理している。

大間まぐろを安く美味しく食べられる「いなげ屋」

青森「いなげ屋」

そんな大間まぐろを青森市で安く美味しく食べられるお店がある。それが今回のお店『いなげ家』だ。

大間町まで行けば良いのだが、出張では行けるはずもない。そんな時にこのお店が強い味方になるのである。

アクセス

JRあおもり駅から歩くと25分くらい掛かってしまうのでタクシーが良い。5分ほど。夏なら行き方は簡単なので歩いて行くのも悪くはないが、冬の雪の中は歩かない方が良い。

大通りを真っすぐひたすら歩くと青森ホテルがある十字路がある。そこを左に曲がって最初のところを右に曲がればお店がある。周りが暗い歩道にポツンと看板が光っているはずだ。

外観・店内

青森「いなげ屋」

その看板には『居酒屋 いなげ屋 』の文字。4マスに区切られて『い・な・げ・屋』なのだが、その中の『い』の字がうなぎになっているがちょっと面白い。

お店は普通の一軒家と言った感じで、外観からは特に惹かれるような要素はない。二重の扉になっているのはやはり青森ならではだろう。

中に入ると左側にカウンター席、右側に座敷がある。店内もごく普通の雰囲気で特に惹かれるような雰囲気ではない。

でもこのお店の実力は見た目ではなく料理にあるのだ。雰囲気ではなく料理とお酒そのもので勝負をしている感じ。

メニュー

それでその料理だが、

青森「いなげ屋」

おすすめメニューを見ているだけでもなかなか楽しいのだが迷うに違いない。

先ずはこんな感じのお通しが出てくるのでビールと一緒にどうぞ。その間に考えれば良い。

そうは言っても、やはりこれを食べなければ始まらない。『大間産本まぐろ刺身盛合せ 1,800円~』。『~』が気になるが、そうそう食べられないのだから当然注文。

出てきたものを見れば納得。中トロの背や腹、かまトロ、大トロ、赤身の腹、尾に近い部分、脳天、頬、目の裏などの貴重な部分がズラリ。これはもう堪りません。

『大間産うに食べくらべセット 1,500円~』 も捨てがたい。何しろ大間のうには
津軽海峡の上質な真昆布を餌にしているからその味は抜群なのだ。

そして『当店自慢の天然真ほや刺 時価』があればこれもゼッタイ食べるべき一品である。特にほやのへそは味が濃くて本当に美味しい。なかなか食べられない。

あとは『大間産 天然もづく 600円』も食べ応えのある一品。約9割は養殖で、天然のもずくはごくわずかしかない。もづくとは思えないような味で、もづく嫌いの方でもイケるはず。

まあ何を食べても美味しい。

雰囲気とかはどうでもよくなる。

お酒も青森なら定番の『田酒』から大間限定販売の『おおまうみなり』まで。

そんなに種類はないが、美味しいお酒が待っている。

これだけ美味しいものを食べながら飲むお酒は本当に旨い。

幸せな時間である。

まとめ

大間産の様々な海の幸を食べながら、美味しい青森の地酒を飲む。贅沢な時間を過ごすことが出来るし、このお店だからこそその贅沢も出来るわけである。

ちなみにここの大将は大間町出身なのだそうだ。だからこうやって贅沢が出来るわけなのである。

そしてこのお店の方はみなとても優しくて良い方。少し前の話になるがお孫さんがカウンターで遊んだりしているような家庭的雰囲気の暖かい場所なのである。

「いなげ屋」基本情報

最後に「いなげ屋」の基本情報。

住所:青森県青森市青柳2丁目3−9

電話:017-723-5708

営業時間: 17:00~22:00

     日曜・祝日休

その他:予約可

     全面喫煙可

    カード可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

いなげ家魚介・海鮮料理 / 青森駅
夜総合点★★★★ 4.0

青森で失敗しないおひとりさま関連記事

青森で失敗しないおひとりさま「六兵衛」、何しろ雰囲気は良いし、居心地は良いし、お酒も料理も安いし、こんなところでこんな価格で飲んで良いの?とついつい嬉しくなるお店なのだ。
青森でゼッタイに外せないお店、おひとりさまであっても、とても居心地の良いお店、それが『ふく郎」だ。太田和彦氏に東の「ふく郎」と言わしめたこのお店、いったいどんなお店なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る