グランパークホテルパネックス八戸宿泊レポート

グランパークホテルパネックス八戸

八戸で宿泊するとなると、場所的には『八戸』駅周辺か『中心街』周辺が選択肢となるだろう。どちら?と言えば横丁が張り巡らされている中心街周辺に軍配が上がる。

以前定宿だった『ダイワロイネットホテル八戸』以外にも、最近は『天然温泉 南部の湯 ドーミーイン八戸』が出来たり、『八戸グランドホテル』が2019/1/1にリニューアルしていたり選択肢は多い。

ただ喫煙室がなかったり、空いていなかったりと、なかなか間際の予約では泊まりたいところに泊まれないと言うことが頻繁に起こるのだ。この日もそうだった。

そんな中選んだのが『グランパークホテル パネックス八戸』。 「楽天トラベル ブロンズアワード2018」及び「Booking.comクチコミアワード2018」 を受賞しているようだ。

アクセス

場所はみろく横丁からなら歩いて5分くらい。ロイネットなら1分足らずだからちょっと遠いとは言え。5分なら全然問題ない。

住所:青森県八戸市廿六日町8

TEL:0178-51-8484

周辺

コンビニがすぐそばにあるので便利。どこかの横丁で飲んでもすぐ帰れる場所にあるからありがたい。

外観

なかなか外観は素敵だ。二体のライオン像に、まるで豪華な邸宅のような立派なゲートの下を通っていく。

ロビー~客室まで

グランパークホテルパネックス八戸

ロビーは小さいながら天上にはシャンデリア。下手するとラブホみたいになりそうなちょっと手前のような雰囲気で好みは分かれるかもしれない。

ただ清潔感はあるし、明るいし、決して品のない雰囲気ではないので、好みが分かれたとしてもさほど嫌な感じはしないだろう。

グランパークホテルパネックス八戸

以前いわきの系列の宿泊したことがあるが、やはり同じ印象だったことを思い出した。

客室

グランパークホテルパネックス八戸

ツインに宿泊だったが、部屋はそんなに広くはない。約21平米。入ると左手に浴室、その先は右にデスク~クローゼット、左にベッドが2台。

丸いテーブルと椅子があるが正直狭い中に無理に置かれていて邪魔と言えば邪魔かもしれない

ロビーや外観と違って落ち着いてシンプルな室内になっている。それなりに清潔感があり居心地は悪くない。

ベッド

グランパークホテルパネックス八戸

サイズは狭い。1050×1950(mm)。これならダブルの方が良いかもしれない。寝心地は問題なし。狭いとは言え充分。電源は枕元に1つ。

デスク

まあまあ広い。TVが大きく半分を占めている上にスタンドが置かれているので、実際に使えるスペースはさほど広くない。

下には空の冷蔵庫とポットやお茶セット、ドライヤーなど。

標準的なものはちゃんと揃っている。

クローゼット

独立型。よくある入口横のオープンのものとは違うのでグッド。使い捨てスリッパや消臭剤なども揃っている。

浴室

狭すぎるわけではないが広いわけでもない。

アメニティは必要なものは揃っている。ボディタオルもちゃんとあるのが嬉しい。

シャワーの水圧が若干弱めかもしれない。

その他

使うことはなかったが、フィットネスルームがあるようだ。利用時間は15:00 ~ 23:00で宿泊者は無料で使える。レンタルのシューズ(200円)と靴下(300円)がある。

その他コインランドリー(洗濯機1回200円・乾燥機30分100円)もある。

まとめ

眠るだけなら充分である。普通に心地良く過ごすことが出来る。何かこれちょっと嫌だなと言う所はない。そういう意味では快適なホテルである。

参考:八戸で失敗しないおひとりさま

八戸で失敗しないおひとりさま「ばんや」
少し前の話になるが、随分と通ったお店が青森県八戸市にある。青森市なら『ふく郎』だったが八戸ならここはゼッタイに外せないというお店がある。B-1グランプリ発祥の地でもある八戸の繁華街は新幹線の発着駅である八戸駅周辺にはない。もちろんお店...
八戸で失敗しないおひとりさま「海の幸 美味」
古くから港町として栄えた青森県八戸市は、漁から戻った海の男達をもてなす飲食店が発達してきた。中心街の横丁の始まりは、終戦後に遡る。元々屋敷町だったところに、戦地引揚者の為の市場を開設、映画館が出来ることで周辺飲食街が発展し...
八戸で失敗しないおひとりさま「山き」
八戸の中心飲食街(長横町・六日町・鷹匠小路・新長横町・岩泉町)は昭和二十年1945年の終戦と共に誕生した。そしていくつもの横丁が生まれていくことになる。八戸の横丁たぬき小路、長横町れんさ街、...
八戸で失敗しないおひとりさま「ほむら」
八戸と言えば、新幹線で八戸駅に着いてから中心街まで行って飲むことになることが殆どなのだが、実は八戸駅のすぐ近くにも良いお店があるのだ。そのお店の名前は『ほむら』と言う。アクセス八戸駅の東口のロータリーのほぼ...
八戸で失敗しないおひとりさま「サバの駅」
今回は久しぶりの八戸である。八戸サバ本線八戸には『八戸サバ本線』という鉄道がある。『烏賊の駅』とか『サバの駅』とか『鮫駅』などを結んでいるのだがご存じだろうか?この鉄道には『サバの味旅切符』という4...
八戸みろく横丁「美味」で「裏八仙」を飲む
八戸には中心街に張り巡らされた8つの横丁がある。その中でも新しいのが、三日町と六日町の間にあるので『みろく』の『みろく横丁』である。みろく横丁リニューアルオープンここは三年に一回リニューアルを繰り返してきている。そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました