『JMBダイヤモンド』到達で何か変わるのか?

そう言えば先日メールをチェックしていると、

【マイル到達通知メール】JMBダイヤモンドのステイタスに達しました

と言うお知らせがJALからきていた。

JMBダイヤモンド

その後カードも到着。

JMBダイアモンド

これでJGCプレミアからJMBダイアモンドになったわけで、自腹ほぼなしで出張でダイアモンドというのは誠にありがたいことだ。

一応JALのステイタスでは1番上になるみたいだが、実際には『メタル会員』というのが存在すると言う話を聞いたことがある。

どういう基準でメタルになれるのかどうか?は定かではないようだ。まあコントロールしてどうこうというものではないみたい。

まあそれは良いとして、今までと何か違うのか?ちょっと備忘録的に記しておきたい。

JMBダイヤモンドのサービス内容

それで、『JMBダイヤモンド』になるとステイタス・サービスは以下のような感じになるらしい(メールに書いてあったもの)。

  • マイルUPボーナス(JALグループ便/アメリカン航空便 130% ブリティッシュ・エアウェイズ便/イベリア航空便 100%)
  • 優先キャンセル待ち
  • 前方座席指定サービス
  • 国内線 先行予約サービス
  • JMBダイヤモンド特典航空券
  • 国際線 機内販売事前予約 など
  • 優先空席待ち
  • 専用カウンターでのチェックイン
  • 受託手荷物無料許容量ご優待 国内線20kg/国際線1個
  • JALファストセキュリティレーン
  • ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場
  • 優先搭乗
  • プライオリティバッゲージサービス
  • ラウンジのご利用 など
  • JMBダイヤモンド・JGCプレミア サービスセレクション

『など』って…

JGCとのサービスの違いはあるのか?

今までの『JGCプレミア』との違いはと言えば、『マイルUPボーナス』と『JMBダイヤモンド特典航空券』くらいなのかな?

『マイルUPボーナス』は今までは105%だったのが25%アップになる。でもまあ大したアップでもないような気もするけど。

『JMBダイヤモンド特典航空券』は、特典席空席なしの時、一般席空席があれば、通常JALグループ国内線特典航空券交換に必要な基本マイル数の2倍引き落としで利用出来るみたい。

もう少し調べると、『サービスセレクション』の例えばe JALポイントなら金額が倍の6万円になるみたいだ。なるほど悪くない。

明記されていないものもあるらしいが…

あとは、特典に明記されていないもので、

  • 隣席ブロック
  • インボラアップグレード(予約済のクラスが満席になると1つ上のクラスへ)
  • 遅延欠航時の特別対応

といったものもあるらしいが、何だか良いのかどうってことないのかがよくわからない。まあ空席がある時に隣に人が座らないというのはかなり嬉しいか。

無料で一つ上になるというのも、クラスJだったのが実はファーストクラスになりましたなんてことになれば多分喜ぶと思う。

遅延欠航時の特別対応は、どんな遅延欠航レベルでどんなレベルの対応をしてくれるのか?がわからないので何とも言えないが、それなりに対応してもらえるならありがたい話ではある。

先日も夕方唯一の便が欠航になって出発先で宿泊する羽目になった時は、ホテル代と食事代を頂けたりしたけど、これってどのステイタスでも同じなのかどうなのか?は定かではない。

まとめ

いずれにしても自分の財布を傷めないでダイアモンドになっているんだから、あれこれとあまり期待することはしないようにしたい。

確かに近場の出張が多い方と比べれば、その分朝が早いとか、出張に出たら何泊もホテル暮らしだとか、その分お金が掛かる。

なので、それくらいのメリットがあっても良いでしょとも思うし、他にも明記されていないサービスとかあるのかなとちょっとくらい期待してもバチは当たらない…ですよね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る