福山で失敗しないおひとりさま「自由軒」

福山「自由軒」

広島県福山市には開店して65年あまり、創業昭和28年の老舗『自由軒』がある。

福山「自由軒」

福山「自由軒」

このお店は創業当時から洋食とおでんが二枚看板。

昼間から営業しており、食事をとりにやって来る人も居れば、昼間から酒を呑む人など、様々な人種がやってくるお店だ。まさに屋号の通り自由な使い方が出来る使い勝手の良いお店だ。

アクセス・外観

福山「自由軒」

JR福山駅南口を出たら、ロータリーの左側をまわりこんで進むと、百貨店の 『天満屋』が信号の向こうにある。そのまま横を歩いて裏手への道を左に曲がるとその店がある。

見た目は古くからある日本的な食堂と言う感じでもあり、昔ながらの大衆酒場と言う感じでもある。そして実際そのどちらでもあるような存在なのだ。

店の外には、お店の二枚看板通り『おでん 洋食 自由軒』の三行が書かれた赤提灯、そして紺に白抜きの暖簾が掛かっている。建物に付けられている看板にも『おでん 洋食 自由軒』。

店内

福山「自由軒」

店に入るとコの字カウンターの正面いなっており、その中と奥が厨房になっている。丸く古い椅子とこれまた古い壁との間はかなりの狭さ。

2Fにはどうやら座敷があるようだがそこは入ったことがないので様子はわからない。カウンターは20人くらいが座れるだろうか、混んで席が埋まると随分な狭さ。

それでも皆ちゃんと譲り合いながら肩を寄せ合い飲んだり食べたりしている。ゆったりのんびりじっくりという訳にはいかないが、こういうのもたまには良いのだ。

店の入口横には小さな冷蔵陳列ケースがあり、小鉢が色々と並んでいる。自分でそこから選んで持ってくることも出来る。

壁には朱色の枠のお品書きがびっしりと並んでいる、そして吉田類氏をはじめとするサイン色紙も数多く貼られている。

1人客もいれば、2.3人の男性グループもいるし、老夫婦や女の子二人組などなど、老若男女が集まってくる。

それだけ居心地が良いとも言えるし、美味しいものが食べられるとも言え、老舗の名店といっても良いだろう。

メニュー

福山「自由軒」

やはりここではおでんは外せないだろう。

福山「自由軒」

気を付けたいのは、ここでは何も言わないと、おでんをすくって皿に入れると汁を全部戻し、上から味噌ダレをかけてくれたものが出される。

福山「自由軒」

少し甘めで美味しいのだが、これは福山独特の食べ方ではなく、この店独特の食べ方のようだ。もちろん味噌ダレ無しも出来るし、豆腐は生姜醤油が美味しい(常連さんの真似だ)。

もちろんこういうお店だから、例えば『ポテトサラダ』や、

福山「自由軒」

『天ぷら』や、

福山「自由軒」

『なまこ』などなど、

福山「自由軒」

そのメニューはかなりバラエティに富んでいる。

福山「自由軒」

洋食も二枚看板の1つなだけに美味しく、『キモテキ』などはこの店の名物と言える。これは要するにレバーのステーキ。

食べるにちょうど良い厚さにスライスしたレバーを、先ずは塩と胡椒で下味を付けてフライパンで炒め、最後にケチャップと醤油で仕上げるというもの。

まあレバーなので好みは分かれるかもしれないが、あまりレバーが得意でなくてもこれは充分イケるのではないだろうか。

中華そばを〆で食べて帰る人もいるし、定食や丼ものまであるという懐の深さが様々な客を集めるのだろう。

福山「自由軒」

ただお酒はさほど選択肢はない。でもこういうお店はなくても良いのだ。そういうものだ。

まとめ

自由な使い勝手の良い老舗は懐が深い。コの字カウンターでサッと飲んで食べれば、何だかとても気分が良くなる。そういうお店だ。

福山「自由軒」基本情報

最後に『自由軒』の基本情報を。

TEL:084-925-0749

住所:広島県福山市元町6−3

営業時間:11:30~21:45

     火曜休

その他:全面喫煙可    

    カード不可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

自由軒居酒屋 / 福山駅
夜総合点★★★★ 4.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る