たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春

たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春

今回のお酒は『たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春』。

矢野酒造

造っているのは佐賀県の『矢野酒造』。寛政8年の創業以来200年以上に亘り酒造りを続けている。製造販売数量が600石程度の小さい蔵だ。

人気の「たけのその パンダシリーズの春バージョン」

矢野酒造の酒銘の1つに『竹の園』というのがある。『竹といえばパンダの大好物』と言うことでパンダなのだろうか?そのあたりはよくわからないが何となくそんな気がする。

その『たけのその パンダシリーズ』の春バージョンが今回のもの。春バージョンと言うくらいだからシーズン毎に出して、ここまででトータル25回 のシリーズになっている。

ふんわり、軟らかな春風のようなお酒ですが、底知れない酒力を隠し持っています。

とのことだが、無濾過の生原酒だから確かにラベルの雰囲気とはまた違った印象のお酒でもある。

ラベル

たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春

ラベルはその名前の通り『パンダ』である。ベースの色はピンク。招き猫の被り物をしているパンダが中央に二頭座っている。

たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春

片方の持つ小判には『善き善き』、もう片方の持つ小判には『春来たる』。まあ可愛いラベルである。

パンダの上にかかれた『MADE IN JAPANDA』の洒落っ気もなかなか楽しい。パンダの下には『○にぱ』。

たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春

更に下には『TAKENOSONO』、そして『The Panda Festival』。ここまではピンクに白抜きで書かれている。

1番下は薄い黄色にピンクの文字で『寛政八年創業 矢野酒造 謹醸』。どこまでも可愛くという感じである。

スペック

たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春

最後に『たけのその 純米吟醸 無濾過 生原酒 ぱんだ祭り 2019春』の基本情報。

産地:佐賀県
蔵元:矢野酒造店
精米歩合:55%
酒米:麹米:山田錦/掛米:あきた酒こまち
アルコール度:16%
日本酒度:0
酸度:1.4
アミノ酸度:非公開
酵母:非公開

いつもお酒を購入しているお店がココ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る