鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒

鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒

今回は青森県の『尾崎酒造』の造るお酒だ。

尾崎酒造

それでその『尾崎酒造』だが、萬延元年(1860年)創業、青森県西海岸唯一の酒蔵である。

ここのお酒で有名なのは『神の座』であろうか、俳優の森繁久彌氏が命名したもので、『神様が酒を飲んでいる 』という意味だそうだ。

お酒の題字も森繁久彌氏によるもので、96歳で亡くなるまでこのお酒を晩酌で飲んでいたらしい。

鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒

そんな尾崎酒造の造るおさけの1つが今回の『鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒』である。酒の名前はこの蔵が津軽豪雪地帯の漁師町『鯵ヶ澤』に位置するからだろう。

タンク1本のみの仕込みとなった山廃純米酒だから貴重と言えば貴重なお酒だ。濃醇な旨みはインパクト大。

とても山廃原酒とは思えない印象。山廃仕込み特有の酸味は強すぎず後口も良い。旨味とのバランスが絶妙。

ラベル

緑がかった、横に細かい凹凸のあるグレーの地の真ん中に『鯵ヶ澤』の金の文字がどっしりと置かれている。下に小さくカタカナで『アジガサワ』と書かれているのが何だか良い。

右には赤い文字で『番外』、そして白い文字で『山廃純米』。色合いが渋めでとても落ち着いたラベルだ。

左側には尾崎酒造の住所と会社名、更に『未成年の飲酒は法律により禁じられています』の文字。

首の所は白い短冊。赤で『限定別誂』、黒で『無濾過生原酒』。いずれにしても全体のバランスがとても良いラベルたちである。

スペック

では最後に『鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒』の基本情報を。

産地:青森県
蔵元:尾崎酒造
精米歩合:60%
酒米:まっしぐら
アルコール度:18.5%
日本酒度:-1.3
酸度:2.0
アミノ酸度:非公開
酵母:協会901酵母

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る