浅草で失敗しないおひとりさま「志婦や」

浅草 志婦や

浅草である。『志婦や』である。太田和彦氏である。写真は載せないが、ここでボクは太田和彦氏に遭遇している。

アクセス

浅草の雷門に行く手前、東京メトロの出口の1つに『かんのん通り』のアーケードに出るところがある。

アーケードを入って歩いて行くとすぐ右にそのお店がある。

外観

袖看板とスタンド看板が出ているのですぐわかるだろう。看板にも暖簾にも『鶏貝魚 酒肴 志婦や』とある。

瓦庇に格子窓になまこ壁、店構えは老舗感たっぷりではある。ただ実際は平成になって立て直したらしい。なので店内も意外にも綺麗なのである。

店内

浅草 志婦や

その店内に入ると右手がカウンターになっている。これは昔からのものだろう。ショーケースには様々な素材が入っている。

上からは品書きが沢山ぶら下がっている。価格は書かれていないが別に理不尽な金額になることはないのでご安心を。

さらに上には名札額が飾られている。お店を見渡すと他にもいくつかあるのだが、相当古いものもある。

ちなみにここの創業は昭和33年。東京タワーが公開された年だ。元々は魚屋だったそうで、それを先代が居酒屋にしたとのこと。屋号の『志婦や』は渋谷さんだからである。

字をなぜ変えたのかはわからないが、そりゃあ渋谷よりも『志婦や』の方が何だか味があって良いのは間違いない。

カウンターを囲むように逆側と奥はL字の小上がりになっている。ここが普通の家の座敷みたいで居心地が良い。

メニュー

看板や暖簾にもあった『鶏貝魚』どれもが当然美味しい。

浅草で50年以上続いているのだから当たり前だ。

お酒も色々揃っている。菊政宗以外は純米酒だ。

燗で頂くと屋号の入った形の良い猪口が出てくる。これがまた良いのだ。

まとめ

太田和彦氏をお見掛け出来たのは偶然とは言え、このお店でと言うのがなかなか楽しかった。『居酒屋百名山』という本にもここのことが書かれているらしい。

老舗感はさほど感じないが、良い素材を使って美味しいものを出してくれる良いお店だ。お酒も揃っているし、半世紀以上続いているだけのことはあるのだ。

基本情報

それでは最後に『志婦や』の基本情報。

住所:東京都台東区浅草1丁目1−6

電話:03-3841-5612

営業時間:火~土 16:30~23:00

     日・祭 15:30~23:00

      月曜休

その他:全面喫煙可

おひとりさま居心地レベル:★★★★★(5★満点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る