八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候

八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 赤越後

今回は新潟県魚沼市にある八海醸造がつくる『八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 赤越後』。

八海醸造

八海醸造の歴史はさほど古くはない。創業は大正時代だ。1922年、大正11年。日本酒に詳しくない方でも『八海山』と言えば誰もが知っている有名な蔵だね。

八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 赤越後

そんな八海醸造の『八海山』シリーズは数多くあれど、その中から今回は『八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 赤越後』。

年に1回だけの限定販売のお酒で、通常品とは全く異なる規格で仕込んだ純米吟醸のしぼりたて原酒。本醸造タイプのしぼりたて生原酒、いわゆる青ラベルもある。

新鮮な味わいにまろやかさが加わり、さらに磨かれたしぼりたて原酒をお楽しみ下さい。

とのことだが、いわゆる新潟の八海山って聞くと『端麗辛口』のイメージだが、これは全くの別モノ。そうでなければ飲まない。

純米酒ならではのさらにコクのある濃厚な口当たりで、しぼりたてとは言っても荒さだけではない洗練された旨味が良い。軽い甘みと適度な酸味。クセはないので食事にも合う。

ラベル

メインのラベルは薄いベージュをベースに、落款のように『越後で候』が大きく描かれている。 その右に『八海山 しぼりたて原酒 生酒』が添えられている。

1度見たら忘れない特徴的なラベルになっていて、年に1度の販売でもすぐに思い出すことが出来る。

八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 赤越後

メインの上には楕円形のラベルに赤で『2018年冬』、黒で『純米吟醸生原酒 精米歩合50パーセント』。

スペック

では最後に『八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒 越後で候 赤越後』の基本情報。

産地:新潟県
蔵元:八海醸造
精米歩合:50%
酒米:山田錦(麹米・掛米) 五百万石他(掛米)
アルコール度:17.5%
日本酒度: -1.0
酸度: 1.7
アミノ酸度:1.3
酵母:協会701号、M310

いつもお酒を購入しているお店がココ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る