青森県日本酒

八戸酒造

これは大人のカルピスソーダだな『陸奥八仙 夏どぶろっく 純米活性にごり生』

これは大人のカルピスソーダって感じの『陸奥八仙 夏どぶろっく 純米活性にごり生』。瓶内二次発酵で発泡性を持たせた活性にごりは、開栓に注意しないと相当吹きこぼれてしまう代物。最初に少し栓を緩めただけでも、いきなり気泡がブクブクと上がってくる。
八戸酒造

どう見てもこれは山本リンダなラベルのイラスト『陸奥八仙 URARA』

一度火入れの純米吟醸酒は春にぴったりのお酒で、青りんごのような爽やかな香りと可愛らしい甘さとサッと引いていく酸。どう見てもこれは山本リンダなラベルのイラスト『陸奥八仙 URARA』。陸奥八仙の中では、非常にライトにつくられたタイプになった。
八戸酒造

10本目の陸奥八仙シリーズ『陸奥八仙 芳醇超辛純米 生原酒』

10本目となる陸奥八仙シリーズ今回のお酒は『陸奥八仙 芳醇超辛純米 生原酒』。定番酒の火入れの芳醇超辛純米の無濾過生原酒だ。一言でいうと『香りと味のある超辛口』という感じで、いかにも八仙らしい美味しいおである。黒地に赤の『陸奥八仙』が良い。
八戸酒造

以前にも1度出てきた『陸奥八仙 吟醸 あらばしり生 シルバーラベル』

青森八戸酒造の陸奥八仙シリーズ『陸奥八仙 吟醸 あらばしり生 シルバーラベル』。『あらばしり』とは、日本酒をしぼったときに一番初めに出てくるお酒のこと。圧をかけずにもろみの重さだけで自然にでてくる部分。華やかな香りと荒々しさが特徴のお酒だ。
八戸酒造

今までで最も多く呑んだであろう蔵元の『陸奥八仙 特別純米 生原酒 ヌーボー 直汲み』

おそらく今までで最も多く呑んだ蔵元が『八戸酒造』。そこの『陸奥八仙 特別純米 生原酒 ヌーボー 直汲み』はその名の通り、絞ったお酒をそのまま直詰めしたもの。ピチピチしたガス感、八仙らしい華やかな香り、新酒ならではのフレッシュさ、旨味が同時に味わえる。
青森県日本酒

鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒

青森県の『尾崎酒造』の造るお酒、『鯵ケ澤 山廃純米 無濾過生原酒』。『尾崎酒造』は萬延元年(1860年)創業、青森県西海岸唯一の酒蔵。ここのお酒で有名なのは『神の座』。森繁久彌氏が命名したもの。『神様が酒を飲んでいる 』という意味だそうだ。
青森県日本酒

ドンペリではなくてどんべり 八戸酒類『八食酒屋限定品 三戸どんべり』

クイーンの『Killer Queen』にも出てくるフランスのモエ・エ・シャンドンのドンペリではない。青森県八戸酒蔵の『三戸のどんべり』である。 いつも日本酒はネットで購入するのだが、今回は八戸の『八食センター』にある『八食酒...
八戸酒造

陸奥八仙 吟醸 生酒 ピンクラベル

『陸奥八仙』シリーズには、 いさり火ラベル、シルバーラベル、黒ラベル、赤ラベル、ブルーラベル、緑ラベルと色を冠したラベルのお酒があれこれある。今回は『陸奥八仙 吟醸 生酒 ピンクラベル 』。陸奥八仙で1、2を争うほどの香りが特徴的な吟醸酒。
八戸酒造

陸奥八仙 ISARIBI 特別純米 生原酒

毎年恒例の『陸奥八仙 ISARIBI 特別純米 生原酒』。一度火入れの生詰の日本酒は通年発売しているが、生原酒は一年に一度だけの季節限定だ。『地元で獲れる魚介類に合うお酒』をコンセプトに、『漁師さんの食中酒』をイメージしてつくられた1本。
八戸酒造

陸奥八仙 吟醸無濾過生原酒あらばしり シルバーラベル

陸奥八仙シリーズ。『あらばしり』とは、簡単に言ってしまえば『最初の方にしぼり出されたお酒』のこと。薄く白濁しておりアルコール度数は低めで、味がしっかりと固まっていないため不安定ながらも勢いがあり、その雑味も含めて力強い香りと風味を楽しめる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました