SakeLabelHopping

一時出荷停止の『アサヒスーパードライ生ジョッキ缶』を呑んでみた!

4/6にコンビニエンスストア限定で販売を始めたばかりの『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』が、販売好調により商品供給が追い付かず、一時出荷を停止すると発表した。幸いコンビニにちょうど入荷したタイミングで購入することができたので呑んでみた。
SakeLabelHopping

売上金全額が『ハタチ基金』に寄付される『3.11未来へつなぐバトン』

未来へつなぐバトン醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクトは『3.11未来へつなぐバトン』の売上金全額を、東日本大震災で被災された子どもたちの継続したケアを目的とした基金団体『ハタチ基金』へ寄付する活動。10回目を迎えるこのお酒をまた呑む。
SakeLabelHopping

菜の花畑を思わせるラベルの『手取川 純米 春 うすにごり生』

菜の花畑を思わせる上品な淡い黄ラベルの『手取川 純米 春 うすにごり生 百千鳥』。同じお米・精米歩合で季節を表現する四季シリーズの春酒は、麹米には兵庫県産山田錦を使用し、掛米には石川県産五百万石を使用したスッキリタイプ。辛口でも上品な甘み。
SakeLabelHopping

意味不明な肩貼りの『山本 うきうき 純米吟醸 うすにごり生』

NEXT5の一角、秋田県の山本酒造店6代目蔵元山本友文氏が精米から始まる全工程に一貫して携わった入魂の銘柄『山本』。以前『ビートルズが流れる蔵でつくられた山本 純米 生酒 にごり酒 ど』が出てきたが、その山本銘柄春季限定酒『うきうき山本』。
SakeLabelHopping

桃を連想させるようなやわらかく甘い春の香り『伝心 春』

桃のような柔らかみのある甘い香りに、 みずみずしい口当たりを爽やかな酸味があと味を引き締める『伝心 春』。すりガラスのような少し白っぽい瓶に『伝心』の白い文字が浮かび上がる。肩のところには桜の花びらが1つあり、いかにも春酒の雰囲気のお酒だ。
SakeLabelHopping

イチゴミルクみたいなお酒『五橋 純米大吟醸 桃色にごり RIDE』

イチゴミルクみたいな色合いのお酒『五橋 純米大吟醸 桃色にごり RIDE』は春に呑むには最適だ。赤色酵母使用でそうなる。ラベルのタヌキが一升瓶を片手にバイクに跨るシルエットはなかなか楽しい。最初は甘酸っぱいが時間の経過で味が随分と変化する。
SakeLabelHopping

純米・大吟・本醸などの滓を区別せず集めてつくったお酒『月の輪 滓酒 生』

出来上がった醪を槽掛けという旧来の方法でお酒を搾ってタンクに移した時、タンクの下の方に沈殿物~滓がたまる。それを純米・大吟・本醸などと各種類に分けず、同じタンクに集めてつくったお酒だから色々な種類のお酒のエキスが混然として複雑美味な味わい。
SakeLabelHopping

槽口からひしゃくで1本1本手汲みした贅沢なお酒『神開 純米吟醸 生原酒 ひしゃく酒vol.1』

上槽時に中取りの最もバランスの良いところを槽口からひしゃくで1本1本手汲みした『神開 純米吟醸 生原酒 ひしゃく酒vol.1』。リンゴ様の吟醸香、まろやかな甘み、槽口直汲みらしい炭酸ガスのフレッシュ感、後口のキレも良く爽やかで美味しいお酒。
SakeLabelHopping

こなき爺が真ん中に描かれているラベルがインパクト大の『千代むすび こなき純米 超辛口』

こなき爺が真ん中に描かれているラベルがインパクト大の『千代むすび こなき純米 超辛口』。『よう怪泣かせの超辛口』とかどうなの?と思うが、これが美味しいのだ。口当たりはやわらかく香りは穏やかですっきり、米の旨みを感じさせつつスっとキレていく。
SakeLabelHopping

醸造過程の6つの『無』を全て詰め込んだ『究極の生酒』『楯野川無我 純米大吟醸 生原酒 ブラックボトル』

無加圧採り・無濾過・無加水・泡を立て無い充填・無加熱という醸造過程の6つの無を詰め込んだ究極の生酒、『MUGA 楯野川無我 シリーズ』の1つ『楯野川無我 純米大吟醸 生原酒 ブラックボトル』。黒に金のムを6つ組み合わせたラベルがカッコいい。
タイトルとURLをコピーしました